※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2008年03月14日

Repeat ?  著者:一茶



窓のガラスごしに、太陽が流れ込む。
鼻先をくすぐる、その光に打たれながら僕は薄目を開けた。
 ―マブシイ。
「…朝、か」
僕は目覚める。僕は目覚めた。

  はずだ。



窓のガラスごしに、太陽が流れ込む。
目眩がするほどの光が、僕の身体を干物にする。
 ―アツイ。
「…あづい」

  あれ?

僕は寝返りを打った。僕は寝返りを打つ。



窓のガラスごしに、太陽が流れ込む。
広々とした窓から光が僕の身体を狙う。
 ―暑い。

  ん?

「…朝か」
僕は身体を起こす。僕は身体を起こした。



窓のガラスごしに、太陽が流れ込む。
まぶしいながらも、僕は薄目を開ける。

  ?

何となく、同じ朝を何度も迎えた気がした。
ぼんやりとした頭が、これ以上考えぬよう僕の思考回路を断絶させる。
自由が利かなくなり、僕はベッドから落ちた。僕はベッドから落ちる。


窓のガラスごしに、太陽が流れ込む。

  又?

起きたばかりの頭が、二文字を繰り返す。
―また。マタ。又、復、また……。
ぼんやりとする頭に同じ言葉。
僕は頭を抱える。頭を抱えた。



  また。

窓のガラスごしに、太陽が流れ込む。
けたたましく鳴る目覚ましが起床の時間を告げる。
「何度目だろうか…」
何が何度目かは分からないが。何かが何度目のような気がした。
僕の目覚ましに苛立ってか、誰かが足で、天井をたたいた。誰かが足で、天井をたたく。




コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|