※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2008年03月14日

夢  著者:亜季


手足の震えと口腔の乾きに、彼は夢の世界から現実へ引き戻された。

昼間でも暗く、たった4.5畳の狭い
この部屋で過ごすようになってからずっとそうだった。

彼にはお金はなかったが、どうしても親の小言に耐えれなくなり
「とにかく安い部屋お願いします!」と不動産屋に言ったら
家賃3万で紹介されたのがこの部屋だった。

将来、ミュージシャンとして食べていきたくて、
今は必死で毎日毎日、
喉がカラカラになるまでトランペットを吹いていた。

高校の時、憧れの先輩から譲り受けた大事なトランペットだ。

でも、トランペットは場所もとり
4.5畳のこの部屋では、寝床を削らないとどうにもならない。

そして、今では抱き枕状態になっていて
枕と違ってケースは硬いから手足も休まらず、しびれるばかりだ。


だから私はこの言葉を彼に繰り返す。


「もっと広いところに引っ越さないの?」

「智子、うちに来るなって言っただろ。」

「彼女が遊びに来て何が悪いのよ?」

「俺の部屋狭いんだから、智子だって窮屈なの嫌だろ?」

「だから、裕也がもっと広いとこに引越せばいいじゃん。」

「金があれば引っ越してるよ。」


何度も何度も同じ会話を私たちはしていた。


「夢が現実ならよかったのに。」

「は?何で俺の夢の内容、智子が知ってんだよ?」

「寝言で言ってたよ。『智子、愛してるぜベイビー。この豪邸はお前のためだぜ』って。」

「俺、そういうジョーク、あんまり好きじゃないんだけど・・・。」




コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|