※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2008年03月15日

絵のモデル  著者:亜季



「絵のモデルになるの。」

 日が沈む時間でした。
 アトリエの大きな窓から差し込む西日で逆光になり、彼女の顔は見えませんでしたが、細長く伸びる影がとても綺麗で、僕の目は思わず釘付けになりました。

「ん?見とれてる?」

 嬉しそうな声で彼女は僕にそう聞くので、慌てて僕は「誰のですか?」と聞き返すと、彼女はもっと僕に近づき、満面の笑顔でこう言ったのです。

「綺麗に描いてね。未来の有名な画家志望さん。」


 それからです。 僕と彼女は毎日アトリエで会うようになったのは。

 彼女は背がスッと高く、自分はチビ。
 彼女は腰がキュッと細く、自分は未成年にして既にビール腹。
 彼女はふわっとした緩やかなウェーブを描く長く黒い髪で、自分はゴワッとした大仏みたいな天然パーマ。
 そして、自分の方が彼女より7歳も年下。

 僕は、彼女と毎日会うようになった数週間は何かのいたずらかと思い、知らない誰かに殴られたりするかもしれないと考えて、ヘルメットをかぶってアトリエまで通っていました。
 でも、何日、何ヶ月経っても、不思議と僕は何の危害に会うこともなく、彼女に「どうしてヘルメットなんてかぶってるの?」なんて笑われました。 そのおかげで「ヘルヘル」なんてあだ名をつけられつつも、彼女を誰に遠慮することなく見つめ続けては描く、2人きりの日々を半信半疑ながら楽しく過ごしていました。


 ある日、彼女は僕に言いました。

「ねぇねぇ、ヘルヘルに私、名前で呼ばれたことないよね。」
「え・・・宮内さんって呼んで・・・ますけど・・・?」
「名前で呼んでよ。」
「え・・・あ・・・え・・・」

 僕は言おうとすると、恥ずかしさのあまり顔が真っ赤になり、思わず下を向いてしまいました。 この時、外は曇り空で今にも雨が降り出しそうな天気で、アトリエも暗く、少しの沈黙がとても重く感じました。 それを打ち破るように彼女がこう言ったのです。

「もー、ダメだなー。どうして私がヘルヘルのモデルやってるか分かってるの?」

 ビックリして顔を上げると、いつになく真剣な表情の彼女に、モデルの話を言われた時以上に顔をそらす事ができませんでした。 そして、次の瞬間、彼女は長い髪をふわっとなびかせ、パッと背中を向けてビックリするほど大きな声で言いました。

「ヘルヘルの描く絵が好きだから!」

 思いもかけない言葉でした。 ただただ不思議だったことがこんな理由だったんですから。

「有名になってトップになったら、私が年上だろうと、私を名前で呼ぶくらい強気でいきなよ。弱気なままじゃダメだよ!」

「・・・でも僕はそんなには・・・」

 そう否定する僕に、彼女は言いました。

「ヘルヘルはすごいよ、ほんとに!私、生まれて初めて感動したもん。トップになりたいでしょ!返事は?」
「・・・はい・・・」
「もっと元気よく!」
「はい!・・・トップになりたいです!」

 半ば、『言わされた』感は残るものの、これが最初で最後だったと思います。 口下手な僕が自分の願いを口にすることができたのは。

「じゃ、指きり拳万ね。」

 彼女の小指と僕の小指が絡まって、僕は彼女に誘導されて口走った願いを頭に繰り返しました。
 胸が焼け焦げそうなほど強く、自分は願ったのです。




コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|