※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2008年03月15日

美のエゴイズム  著者:亜季


 美しいと感じたものを、そのまま美しく表現しようと努力する甘さ、おろかしさ。
 「美しいものを美しいままに」描くことは、おろかにも人のエゴイズムでしかありません。
 なぜなら、美しさの概念は全体の空気感からくるものであると言えるからです。
 対象を立体から平面に置き換えるには、目に見えない空気を形にするか、空間をゆがめた分を補正するかしない限り不可能でしょう。
 つまり、人は「美しさを置き換える」という甘いエゴのために、おろかにも「偽り」を描くのです。
 しかし、それが悪いことでは決してなく、それらを踏まえた上で、人が人であるがゆえのひとつの「表現」として大切な財産的行為だと私は言いたいのです。
 今も名を残す芸術家たちの中には、そのエゴを表現するために一生を費やした人物も多くいます。
 あの男もその一人だと言っていいでしょう。
 彼が今に名を残すことになった始まりは、むし暑い夏の夜でした。




コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|