※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月07日

タイトルなし 著者:七穂


なんと言っても、変身ヒーローだ

「ああ・・・そうだったな・・・」ぼんやりそんな考えが頭をよぎったとき、
「行って来ま~す!」とやけに弾んだ声が玄関から聞こえた。

子供をダシに、今流行りのイケメンに会いに行く妻。
今日も息子とヒーローショーにお出かけだ。

ヒーローに憧れたのはいつの頃からだろう。

ヒーローは男の憧れ。
絶対的な正義 そして勝利。 
そして友情と恋・・。
それが変身ヒーローだ。

普通の人間がヒーローに変身する。
そのための儀式が変身のポーズなのだ。

夜中にホラー映画観ながら、一人、変身のポーズの練習もした。
「なにそれ?」ってあきれてたアイツに、
「女には男のロマンは解らねぇよ!」なんて言ったこともあった。
そいつが今じゃ、ヒーローに夢中だもんな。
自嘲気味の笑いと軽いため息ひとつ。

夢は生き物だ。
変身ヒーローは空想科学の世界が、人間の夢を具現化しようとして作り出したものなのだろう。
それをを追いかければ追いかけるほど、形を変えて膨れ上がりつつ、増殖していく。
ほんの少し手を伸ばせば、それは掴めそうな気さえする。
科学がそれを不可能だと証明していても・・・だ。


 ・・・・玄関のドアの開く音と足音がした。
俺はまだヒーローか?
鏡の中のちょっと疲れた顔に聞いてみる。

そう
現実はいつだって味気ない。






コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|