※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月07日

タイトルなし 著者:松永 夏馬


現実はいつだって味気ない。

 いつからこうなっちまったんだろうね。
 ガキの頃はそれでも良かった。オヤジはクソなわりに金持ってたからな、周りにいるアホな庶民とは違う、選ばれた人間なんだと思ったねオレは。学校行くにも毎日ベンツで送り迎えだぜ? 同級生どもの羨望の眼差しが心地よかった。あの頃は最高だった。

 現実はいつだって味気ない。

 世の中金がすべて。金がありゃなんだって出来たね、違うか? 金の無い馬鹿な人間は「金で買えないものがある」とか言いながらも金に踊らされているんだ。まったくもってくだらねぇ。
 オレは都会に出てからもクソオヤジに金を送らせた。そのへんの馬鹿な大学生よりもよっぽどいい暮らししてたさ。金がありゃなんだって出きるんだ。女だって尻尾振ってついてくる。ああ、面白いようにな。

 現実はいつだって味気ない。

 ああ、まったくだね。
 ゲームの世界じゃいつだってオレが一番だった。オレは支配者であり御主人様であり王子様でもあった。好きな時に好きなように馬鹿な女どもをはべらせて、自分の思うがままに世界はあったんだ。 でも現実はどうだ? 向こうから勝手に寄り添ってきた馬鹿な女どもは、オレに何も与えてはくれない。ちっともオレの命令を聞かない。

 なんでだよ?
 何が違うんだよ?
 ゲームの世界で出来たことが、なんで出来ないんだよ?
 なんでお前らはやらないんだよ?
 黙ってオレの言う通りやりゃいいんだよ!

 なんだよ?
 なんなんだよ?
 そうやってオレを蔑んだ目で見んなよ!
 オレの心を踏みにじるな!
 オレの言うことを聞けよ!

 オレは何も悪くない。オレの言うことに従わなかった連中がみんな悪いんだ。・・・殺意? そんな馬鹿女が一人二人いなくなったところでなんの問題がある。
 え? ・・・また裁判かよ?
 いいよ、またクソオヤジに金でも積ませりゃ。
 あ? ・・・ああ、わかったよ。言えばいいんだろ言えば。言えば刑が軽くなるんだろ? わかってるよ。適当に頭おかしい振りでもしてりゃ、勝手に他人が『過去』がどうとか『心の傷』とかでっちあげてくれるんだ、わかってるよ。神の言葉が聞こえた、とか言っておきゃいいんだろ。はいはい。

「アレはオレじゃなかった」






コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|