※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2008年03月16日

Mystery Circle vol.26


◎「私、今の社会って、お芝居みたいな気がしてしかたがないの」
グラン
◎「どうした。自分のミイラを作っている夢でもみたか?」

◎会社では威張り散らしている彼も、ここでは嘲笑の対象でしかなかった。
Jun
◎それは静かに、こちらに近づいてきていた。
真紅
◎「近頃じゃテレビ・タレントも、嗚咽なんてことを知らないくらいだものな」
国見弥一
◎不合理で不穏な混沌だ。
ブラックジョーカー
◎「でも、すでにある程度、わたしたちは世の中のことを経験しなくても済むようになってしまっているじゃないの」
空蝉八尋
◎人工的合成物に過ぎない有名人を、真の英雄だと思いこんでいた。
AR1
◎「盲人の国では、片眼の者が王様ということを知っているか?」
宇津木
◎「馬鹿。戦争に約束や義務があるか。だいいち逃げ場がない」

◎いつの間にか、無数の星が天を満たしていた。
なずな
◎「また、大変な騒ぎになりそうね」
rudo
◎「私がいるために、笑いたい時にも笑えないなんて言われるといやだからね」
松永 夏馬
◎激突!爆発音!断末魔!
おりえ
◎しまいには、わけのわからないことをわめき散らした。
神楽崎ゆう
◎「さて、次はあなたです」
Monica
◎彼女は精神異常なのか?神経症なのか?
かしのきタール
◎「私、今の社会って、お芝居みたいな気がしてしかたがないの」


出題者:Glanさん
作品名:『48億の妄想』 著:筒井康隆 
正解者:無し


コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|