※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2008年03月16日

DOLL  著者:空蝉八尋



 もう水をやろうと元には戻りませんでした。
 泣きじゃくる少女の前で、それは粘土砂となって地面に伏しています。
「ごめんね」
 頬を伝わる涙が、その少し大きな粒に堕ちました。 
 それは表面を覆って浸透し、侵食し、道を通って蒸発していきます。
「ごめんね、デボラのせいで、ごめんね」
 黄色い太陽が容赦なく少女に降りかかり、それでも翡翠色のローブに包まれた黒褐色の肌の少女は、汗ひとつ流しません。
 履き潰したサンダルからのぞく小さな爪に、乾いた砂とサボテンの欠片がこびり付いていました。
「せ、せっかく貴方が友達になってくれたのに……」
 その涙はみるみるうちに増し、痩せた顎を撫でては堕ちていきます。
 海原のようにどこまでも広がるまわりの砂と違い、赤茶色をした砂の山に堕ちていきます。
 堕ちては灼熱に焼かれ、堕ちては空に昇り、少女はそれでも唇を噛み締めたまま。
「もう……お返事、できなくなっちゃったの?」
 少女の小さく柔らかな手が、砂の塊をひとすくいしては愛おしそうに見つめました。
 彼女には聞こえてきませんでした。
 この崩れ落ちた砂の山が、まだ雄大な人の形をしていた頃。
 彼女に優しく語りかけた低く大地を震わす声は、もう少女に届きません。
「ねえ。また、花無しサボテンの兄弟の話をして。デボラに、お星様の結婚式の話を……もう一度、聞かせてよ」
 少女の手が、再びその砂に伸ばされました。そしてそのまま、腰を折り頬を近づけ、涙で濡れた顔を押し付けます。
 乾ききっているはずの唇は、どこか艶やかでした。
「ねえ。聞いてくれる?」
 返事は、どこからも返ってきません。
「デボラ……さっきまで水を運んでいたのよ。一生懸命、貴方に届ける為に」
 まぶたが閉じられ、長いまつげで縁取られた深緑の瞳が姿を隠します。
「頑張って見つけて来たんだよ。もうこの街に残された水はないんだって。大人が言ってた」
 遠く目を細め、少女は口元をわずかに歪ませました。 
「でもね、ほら知っているでしょう。納屋をぬけた所の石段で…………転んじゃったの」
 少女が膝をまくってみせました。そこにはうっすらと血の滲んだあとが拭き取られています。
 握ったこぶしを小刻みに震わせ、少女はなおも話を続けました。
「貴方が、泣かないで、っていつも言うから、デボラ泣かなかった。偉いでしょ? でも、水はかえってこなかったのよ」
 砂の山に語りかける少女から、ほんのわずか離れた位置に、ひび割れた小さな水瓶が横たわっているようです。
 底に水は一滴も残っていません。底から半分は砂に埋もれ、時がたつほどに焼かれていきます。

「だから、貴方に水をあげられなかったの」

 少女の言葉の語尾が、ほんのわずか掠れました。
 風が吹きます。
 乾いた風が吹きます。
 それは音となって紡がれ、砂を掻き荒らしては舞いあげ、街に降り注ぎます。
 地を這っていた見たこともない海藻のような植物は、呆気無く隠れてゆきます。
「何がそんなに悲しい? レディ」
 唸る風の奥から、ひび割れた様な声。
 背後から呼びかけられ、少女はハッとしたように振り返りました。
 そこには伸びた白髪を覆うようにしてマントを頭から被り、深いしわの刻まれた老人が立っています。
 背筋の伸びた、美しい立ち振る舞いの老爺です。
「…………」
 少女は深く黙りこくりました。
 いつから老爺は少女の様子を眺めていたのでしょう、優しい問いかけは続きます。
「水を無駄にしてしまったことを泣いているんだろう。でもけして無駄なんかじゃあない」 
 老爺の枝先のような指が、まっすぐ石段へ向けられると、つられたようにデボラの視線も動きました。
 言葉が紡がれます。
「あの場所には、私が偶然ばらまいておいた種がある」
「種!」
 驚きの声をあげた少女に、老爺は本当だよと付け足した。 
「もしも誰かがここに水をまき、育ち、花をさかせたなら、私はもう少し生きてみようと思ったのだよ」
「花……花が咲くの? なんの種?」


「アデニウム・オベスムさ」  


「なあに? それ」
 少女が首を傾げる様子を、老爺は影のつくられた額の下で笑います。
「レディ、薔薇という花をご存知かな?」
「知ってるわ」
「その花は、美しいね?」
「美しいわ」
 少女の脳裏に描かれたのは、鮮血色をした荊の薔薇でした。
 月光を浴びて怪しく光り、毒々しいと感じさせ、それでも人を魅了する。
「アデニウム・オベスムはね、砂漠の薔薇なんだ」
「砂漠の……」
 老爺の重なり合ったマントが風に揺られ、羽根のように大地へ広がります。
「砂漠に咲く、薔薇。そりゃあもう、一段と美しい。砂だらけの世界に、孤立して咲く気高き薔薇ほど……」


「美しいものは無い!」


 鈍い赤銅色のマントはまるで、砂漠に咲いた、枯れかけの薔薇のようでした。


「……おじいさん」
「有難うお嬢さん。貴女の水のおかげで、あの薔薇は花を咲かせる。そうしたら、また君を呼ぼう」
「……おじいさん」
 少女は繰り返します。しかし瞬きをした次の瞬間、目の前に居たはずの老爺は姿を消してしまっていたのです。
 その場所には再び、少女と土の塊だけが残されました。
 少女の手が、頬が、髪がそれに伸ばされていきます。
 太陽は揺るぎません。街を、人を、時が進みゆく度に攻め立ててゆきます。
「ごめんなさい」
 呟きました。
「ごめんなさい」
 囁きました。
「ごめんなさい!」
 叫びました。






「あっ、あの水、あの水は……本当は、本当はデボラが飲んじゃったんだよ!」






 少女の悲痛な叫びに近い鳴き声は、遠い砂漠に響き渡ります。
 乾ききった身体から、勿体ないほど大粒の涙が零れてゆきます。
 土の塊に縋りつくようにして、声を上げて泣き叫びました。 




 薔薇は、咲くよ。



 どこからか聞き覚えのある声が降り注ぎ、少女は泣きじゃくった顔をあげました。
 すると、頭上の太陽が嘘のように姿を消しています。
 鼠色の雲におおわれているのです。
 息をつく間もなく、雨が降り注ぎます。
 風の呻きとはまた違う、湿ったようで乾いた雨の歌声です。
 少女の涙を流し、砂を流し、街に降り注ぎます。遥か遠くから、轟くような歓声が聞こえてきました。
「…………美しいわ」

 少女の手が触れられたままの土の塊が、脈を打ちます。
 心臓の鼓動が鳴り出します。
 腕が伸び。
 頭が浮き出て。
 足が突き出し、背筋が描かれ。 
 心が、かちりと、作動する。




コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|