※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月07日

タイトルなし 著者:GURA


『そうですね』と僕は言った。

『その答は、僕が報せるものではなく、あなたの胸の奥にあるはずです。』
僕が応えるまでには、幾筋かの風がふたりの間を、まるで切れそうな糸を紡ぎ合わせるかのように擦り抜けていった。

石畳を転がっていく落ち葉の群は、きっと無邪気な者にしか解らない、なにか魔法の歌を囁いていくかのようだ。

太陽は、もう落ちる。
湖からの渡り風を纏いながら、彼女は細いブーツからその影を伸ばし、ふと空を見上げた。

呟いた彼女の声は、僕には届かない。
風の音に掻き消されて?
それとも、自分の心にだけ聞かせる、彼女の魔法だから?
それとも、
僕にはもう、
届かない、
声だから…?

僕は握り締めた自分の薬指を、ぐっとコートの影に隠す。
僕の中にゆっくりと流れる想いの数々は、とうとう言葉にはならず、彼女をただじっ と見つめ続けることしかさせてくれなかった。

初秋の太陽が頬の上にまつ毛の影を落とし、それが細かく震えているのが見えた。





コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|