※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月07日

Mystery circle vol.5


◎私は何かしらゾッとして、前のガラスに映る人の姿を見た。
カラス
◎そうして話をしてみると、彼女の美しさは一段と風情を増してくるのであった。
松永 夏馬
◎私は貧乏だった。

◎彼の読者は、彼の小説につきまとっていた一種異様の鬼気を記憶するであろう。
Clown
◎私はふと、もっと別の理由があったのではないかと疑った。
GURA
◎涙はあとからあとからと、ふくれあがってきては、止めどもなく流れるのだ。
シーメル
◎私の悩ましい欲望は、油を注がれたように、恐ろしい勢いで燃え上がったのである。
亜季
◎私は時々思うことがある。
李 九龍
◎私を玄関に見送る彼女の顔が、淋しく悲しげにさえ見えたほどだった。
kazumi
◎彼女は小さな声ではあったが、心を込めてかきくどいた。
ろくでなしブルース
◎私は自ら嘲るように笑った
塵子
◎彼女は少し青ざめて、まだ考え込んでいた。
一茶
◎私は何かしらゾッとして、前のガラスに映る人の姿を見た。


出題者:kazumi
作品名:「陰獣」 著:江戸川乱歩
正解者:知(著者名のみ正解)



コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|