※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月08日

不機嫌な熊さん 著者:亜季


冬眠しそこなった熊のように不機嫌そうにウロウロしていた。

いつもならもうベッドの中にいる時間だというのに、
そんな風な咲子はいつもと明らかに違っていたのだ。

そしてオーブントースターに、
たっぷりとチーズとトマトとベーコンを乗せて焼こうとしている。

「え?こんな時間から食べるの?」
「・・・何か文句ある?」

咲子のあまりの機嫌の悪さにうまく言葉を返せない。

「・・・何かあった?」

恐る恐る聞く俺に、今まで見たこともない顔を向けた。
なんていうか、その・・・
まさしく「冬眠しそこなった熊」のような苛立っている顔だった。

お手製ピザトーストを皿の上に乗せてテーブルで一息つくと
咲子は俺をじっと見た。

「・・・聞いてくれる?」
「う・・・うん。どうした?」
「ニュースでね、今日は数十年に一度の青い月が見れる日だったの。
 でもね、うっかり忘れてて、
 見ようと思ったときには雨が降り出して見れなかったの・・・。」
「・・・はぁ?」
「雨が止んで青い月見るまで寝れないんだもん!!」

うちの不機嫌な熊さんは、思いっきりテーブルをバン!っと叩き響かせ、
かじりかけのピザトーストが皿の上ではねる。





コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|