※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Last update 2007年10月08日

英才教育 著者:ホクト


のどにささった小骨みたいに、僕の頭の中に引っかかって離れなかった。



ここのカーブはこんな感じで加速すればいいんだね?



ほほ~~ 中1なのにお父さんよりセンスありそうだね!

一緒にいた父親が、そうつぶやいた。





最近は個人教授として父親とドライブすることが多い。



親子のふれあいの一環としてもいいものだ!!

お互いに勉強しているため,自然にレベルの高い会話になってきている。



すこしずつレベルアップしているのがわかってくる。





ある日,父がつぶやいた。

「そろそろライセンス取ったらいいんじゃないか?」





確かに,ライセンスは必要なものだから取っておこうと思う。

「そうだね。 そろそろ取ろうと思う。 取ることに関して注意しておくことってある?」









父は言葉を選ぶような雰囲気を醸し出していたが観念したらしく,こうつぶやいた





あとは五つの年の差のみ。





コメント

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|