議長スレ用語「た」~「は」

議長スレにおける用語集 です。

  • ここでは【チチフエールE内服液】から【パニシ(する)】までの用語を記載しています
  • 「あ」行から「さ」行までの用語はこちらへ
  • 「ま」行以降の用語はこちらへどうぞ



【ダンボール】

騎士団の必需品。
ダンボールハウスにも、ダンボール料理にも、そしてMHにもなるスグレモノ。
ウィリアム・ウィル・ウーほどの達人の手にかかれば様々な宝具にだってなる。
ただし火気厳禁でお願いします。

【チチフエールE内服液】

月代彩がドクに酔った勢いで作らせた豊乳薬。第221話「いつか見た平穏」で初登場した。
飲むだけで一定時間乳が大きくなる怪しい薬(何せドク謹製)だが、バスト79が90オーバーになるなど効能は本物。
ただし琥珀が作ったコピー品で遠野秋葉が巨大化するなど、体質に合わないと副作用があるらしい。
バスト100オーバーまで乳が大きくなる改良版もある模様。
類似品にご注意ください。


【定型レス】

「Q.急に○○した?」「A.急や」

としあき(「」)なら誰でも知っている定型レス。由来はこちら
これに答える者はいつも一人というあたりにとしあきたちの結束力がうかがえる。
だが、あまりにもお約束な時は「元からや」という答えも出てくる。

「イデ発動」

スレが消滅したときに決まって使われる定型レスの一種。
大抵スレが荒らされスレ消し以外に方法がなくなり、消された時によく見かける。
また議論板では「イデ発動しようよ」などのレスがあるが、これは「スレ消そうよ」という意味。
議論板でイデ発動が決定されると本スレではお知らせの意味合いでイデの画像が必ず貼られる。

「いん細」

「いんだよ細けぇこたあ」の略。「いんこま」と読む。
元ネタは平松伸二の劇画『ブラックエンジェルス』と思われる。

「高僧貼るなよ」

スレが荒れたり荒らされたりすると議論板で良く見かける定型レスの一種。
これはネタ振りなのか、マジレスなのか判断に迷うことがある。だがそれがいい。
今のところこのレスがあってからの高僧の出現率は半々といったところか。
ただ、高僧が貼られたスレは高確率でイデの力で消滅している。ときたま他のスレでもみかける。
語尾が「?」ならネタ、「!」だとマジレスかもしれない。
貼られた後は議論板で「ちょ、誰だ高僧貼った奴は」と返すのが定番。

「ジャック」

毎スレの最後に貼られるジャック・バウアーのレスを指す定型レス。
スレ住民はこれをレスストップの目安としている為、スレの締めには不可欠である。
議長(代理)によるスレ消しや、スレ保存に関しても重要な目印として機能している。
この事から、ジャック以降も書き込みを続ける行為はあまり好ましくないので注意が必要。
希にビックボス(ネイキッド・スネーク)がジャックの代理で登場する事もある。
最近ではスレ締めキャラも増えて、キャラごとの特色が良く現れている。

「見ているな!」

「制作者、見ているな!」「貴様、見ているな!」など言い方は様々だが、元ネタは『JOJOの奇妙な冒険』第三部《スターダストクルセイダーズ》内でのDIOのセリフである。
反省会などでその後の展開に関する妄想や戯言を呟いたとしあきのアニメや漫画が、本当に(スレ内での発言)その内容を先取りしていたような場合に言われる。
即ち、あたかも製作者が議長スレで見かけたレスをアイディアとして使用してもらったように見えるので「(スレを)見ているな!」というレスになるのである。
実際にはアニメの場合で放送日の3ヶ月~半年前、『(平成)仮面ライダー』シリーズで遅くとも1ヶ月前までに内容は決まっているのだが、としあきの夢を壊さないでね!
(もしかしたらその内容を製作者がスレに混ぜてくれているのかうわお前何をすry)

なお、下記の顔文字は『魔法少女リリカルなのは』シリーズの原作者である都築真紀氏が自身の表現によく用いるものである。なのは関係の内容には必ずと言っていいほどにこのレスが返ってくる。
       ヾ(´Д`*)ゝクイックイッ

【天界】

天界とは天国の事である。由来は武者頑駄無の天国の別称こと天界からきている。
別に勢力とかあるわけではなく、ただあるだけ、それだけである。
界王様という人物がいる事から、感じとしてはDBみたいなモノだろう。
180話「見果てぬ愛の果て」で魔王軍が天界に侵攻してきたが、むさ過ぎる子安声の天使により撃退されている。
実はウデキングという謎の男が天界を支配しているらしい。

【天敵】

本来は生態学用語で「対象とする生物にとって、重要な捕食者か、それに代わり得る能力を持った生物」を言うが、一般には「特定の存在にとって、もっとも苦手とする存在や事象」の意味で使われる事が多い。
議長スレにおいても、ある人物や組織にとって、どうしても勝てない、あるいは勝ったとしてもかなりの苦戦を強いられる人物や組織が存在する。
人物間ではシン・アスカに対するキラ・ヤマトや吉良吉影、アングマールの魔王に対するパプテマス・シロッコ、組織間では議長軍に対するモルドール、モルドールに対する木星帝国、木星帝国に対する動物帝国ZAFT、連邦に対するグランショッカーが天敵にあたる。

【ナレーター】

一般にはアニメーションやドラマなどで原稿を読み上げる仕事を指す。
基本的に特定のキャラクターでの出演はせず、声だけであらすじや場面展開などを視聴者に分かり易いよう解説するのが主な役目。
ナレーターが「奇跡が起こった!」と言えば劇中では奇跡が起こる、いわば神の声である。
一昔前のアニメ・特撮には欠かせない存在だったが、最近では減少傾向にある模様。
議長スレでも物語の補足として登場し、木星帝国のオーストラリアシティ(ミッドガル)建設時には田口トモロヲによるナレーション効果で瞬く間に開墾が進んだという事例がある。

現在までに確認されている代表的なナレーターは下記の通り。

小林清志(『勇者王ガオガイガー』他)
政宗一成(『仮面ライダーBLACK RX』、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』他)
田口トモロヲ(『プロジェクトX』他)

【難解用語】

ここではスレにおいて度々使用される用語を解説する。

【グランギニョル】〈Grand-guignol〉
「こけおどしめいた」「くだらない」「グロテスクな」「荒唐無稽な」演劇のことを指す。自らを見物人と称するシロッコが多用。時たま残月も言ったり。
由来は今で言うスプラッター演劇を催していたパリの見世物小屋『グラン・ギニョール劇場』(Le Théâtre du Grand-Guignol;1897年開場、1962年閉場)から。"guignol"は『人形劇』の意。
【傾注】〈けいちゅう〉
最後の大隊でよく使われる掛け声。意味は『精神や力を一つの事に集中すること』。ドイツ語"Achtung"の訳語。
【十字軍】〈じゅうじぐん;croisade〉
聖地奪還の際に結成された軍隊のこと。出典は漫画「HELLSING」より。元はキリスト教聖地エルサレムを異端者(イスラム教勢力。エルサレムはイスラム教の聖地でもある)から奪還すべく、ローマ法王の命により整備された軍隊で、11世紀から13世紀にかけて8度組織された。
第二次日本戦争において、議長軍はNHK・秋葉原を聖地と呼び進行し大隊木帝と一戦を交えた。
【諸行無常の響きあり】〈しょぎょうむじょうのひびきあり〉
BF団の命の鐘の十常寺が似たセリフ下りをキメる。
軍記物語『平家物語』か来たもので、仏教の「物事は常に流動する」の考えから『いかなる物事にも必ず最期は訪れ、総ては無に帰す』を示唆していると思われる。
【ノブレス・オブリージュ】〈noblesse oblige〉
フランス語『高貴たる者その義務を負う』。社会的地位・財力・権力には責任を伴うことをいう。木星帝国のクロスボーン・バンガードで見かけること多し。
【マスカレード】〈masquerade〉
仮面舞踏会。仮装すること。中世欧州でよく開かれていた貴族同士の社交場で、仮面で互いの素性を隠すのが特徴。これもシロッコがよく用いる。
【レコンキスタ】〈Reconquista〉
スペイン語で『再征服』を意味する。歴史書では『国土回復運動』とも。8世紀から15世紀にかけて、イスラム勢力の制圧下にあったイベリア半島(スペイン・ポルトガル)をキリスト教国家が奪回した戦争。出典は「十字軍」同様「HELLSING」より。
議長スレでは第二次日本戦争末期、議長軍木帝占領下にあった日本(AREA11)を攻撃し、解放した戦闘のことを指している。


【呪い】

ここでは、議長スレに伝わるさまざまな呪いについて解説する。

【騎士団の呪い】
騎士団に一度でも籍を置いた者が、離脱後もモクズの被害を受ける現象。
第200話「炎渦、スフィア王国」において初めて具現した。
モクズ同様もっぱら一般兵(モーターヘッド)に多い現象だが、三角同盟崩壊と共に団を割り銀河帝国傘下に入ったネクロンや、モルドールに移ったアセルスといった名有りにもこの現象が起こっている。ファルク・U・ログナーはこの呪いを逃れているほぼ唯一の名有りとされる。
らんどの住人の一般兵であるバビロン盗撮団が有する盗撮スーツ(忍者スーツ)は、騎士団の呪いに対する有効な装備と言われる。

無常矜持のクーデターに遭い殺害された創設者「同志」の無念が生んだとも、アセルスの反乱によって団長の座を追われ野に下ったレーダー王が掛けたとも言われるが、真相はまったく明らかになっていない(特にレーダー王説を採った場合、ミラージュ騎士団のほとんどはレーダー王の団長就任前に団を去っているので矛盾が生じる)。

【動物帝国の呪い】
木星帝国を苛んでいると思われる呪い。
第366話「The Shaft~遥かなる天空宙心拳~」にてその存在が明らかになった。
完成直前のオーストラリア・シティ(後のミッドガル)を壊滅させられて以来、木帝は動物帝国ZAFTを天敵としているが、その最たる例がカテジナ・ルースで、かって動帝のわんこ軍団に完膚なきまでに叩きのめされた過去をもつ彼女は、300スレ台に入り慢性的な不振に陥った。木星遺跡事件での撃墜は因縁の動帝が相手だったが、ミッドガルでロム・ストールに撃破された際は、相手が勇者新党所属だったにもかかわらず下二桁の数値が落ちていた。それまでの不振は単に動物アレルギーだと思っていたカテジナは、この時動帝の呪いを自覚したという。
第469話では、一橋ゆりえに旧五虎将のスペランカー、先行者、ヤザン・ゲーブルが帰還し、序盤で動帝の総大将シホ・ハーネンフースを撃墜するなど大いに士気が上がっていたにも関わらず結局は動帝の前に総崩れとなり、もはやカテジナ一人の問題ではなくなってきているようである。ちなみにこの469話のタイトルは「呪縛 - 木星モクズ帝国 -」となっている。

【魔王様の呪い】
アングマールの魔王が出陣することにより、モルドール軍の画像下二桁が急激に低落する現象。
その被害は下はオークや怪獣軍団、上はバージルや佐々木小次郎、果てはルーミア、ロコ、ゼトーンのモルドール最強3幼女にまで全軍に及ぶ。
モルドールが勝利目前という時に限りこの呪いが発動し、幾度も他組織は救われた。

第241話「落成!風雲グランショッカー城」で、居城であった万魔殿がグランショッカーに攻め落とされた後、呪いの具現は著しく減っている。そのため、一説には「万魔殿が呪いの原因ではないのか?」とも言われるが、万魔殿制圧後のGSには下二桁の慢性的低落などの現象は見られなかったため、真相は定かではない。


【バス】

グランショッカー(のち、大ショッカー)が撤退する際、特に負傷者はアイアンマン運転のバスで帰っていくのが様式美である。
いや、あれはバスなのか? バスなんだろう、きっと。

【パニシ(する)】

「(銃器類で)敵を(頭蓋を吹き飛ばして)射殺する」の意。
アメリカ・マーヴルコミックから議長スレに参戦した「パニッシャー」の愛称が動詞に転じたもの。
オーブ政府の内紛で仮面ライダーギャレンが反カガリ派の首魁ユウナ・ロマ・セイランを射殺した際や、ムスカ大佐がCSIに逮捕された際の格闘などで、この表現が使われたりする。