ランペルージ・ファミリー

ランペルージ・ファミリー / Famiglia Di Lamperouge


【構成員】

ドン《トップ》

ルルーシュ・ランペルージ

コンシリエーリ《相談役》


配下

【名有り】

ティナ・ブランフォード(現在居候中?)
右代宮戦人

【一般兵】

若い衆


【組織の概要・沿革】

三角同盟崩壊で世界が揺らぐ中、木星帝国占領下のプラントでは、議長軍が本土奪回を目指して大攻勢をかけていた。その最中――

ファントムペイン隊隊長として木帝軍の一翼を担っていたルルーシュ・ランペルージは親友枢木スザク、そして小此木率いる特殊部隊「山狗」とともに反乱を起こし、木帝のプラント支配に終止符を打った。

木帝撤退後、プラントに亡命したルルーシュたちの元には、その名を聞きつけたならず者たちが地球圏から参集(ある公的機関の記録では、集結した者の数7100人)。
地球連邦のダークナイトこと間桐慎二からの当座の資金援助も得たルルーシュは、プラントに事務所を構え、スザクや山狗部隊、彼の下に集まった若い衆らとともに再起を期す。目指す「夢」のために……。
第308話「ジャイアンリサイタルの悲劇~MTV UNPLUGGED in バーミヤン」で誕生した、議長スレでもっとも若い勢力である。
トップであるルルーシュの諸事情により第437話「俺達の勇気~DG、再び~」をもって組織は休止状態に入った。
組織のメンバーたちの流浪が始まった。

【組織の拠点】

プラントに仮拠点として事務所を置いている。本スレでは事務所の所在地は明示されていないが、おそらく首都のアプリリウス・ワンではないかと思われる。


【専用機】

ルルーシュ IFX-V301"ガウェイン"
スザク Z-01"ランスロット"
右代宮戦人 MS-06"赤い"ザクⅡ レプリカ品。誤用を避けるために敢えて"赤い"とした