人種・種族、その他 「ま」~「わ」

多くの作品から様々なキャラが集う議長スレ。
ここは各キャラの分類や種類(人種など)について解説するページです。
原作の設定だけでなく、スレでのオリジナル設定もじゃんじゃん書いちゃって下さい。




ま行

マイト《マイト》

出典は漫画『ファイブスター物語』。
原作では、過去にジョーカー太陽星団で栄華を誇った古代文明「ファロスディー・カナーン超帝國」で作られた遺伝子改造人間の末裔。
同じく超帝國の生物兵器に起源を持つ騎士が超人的な肉体と反射神経を持つのに対して、こちらは知能の面で一般人を遥かに超越する能力を有しているのが特徴である。
その能力はFSS世界で言う所のダイバーフォース(超能力)の素質に起因しているとされ、原作でルシェミ(錬金術)と呼称されている能力が直接的な影響を及ぼしている。
彼らは、たとえば数学の命題を一読しただけで証明を飛ばして即座に解を出してしまう程のの超人的頭脳ゆえに、ファティマやモーターヘッドを設計出来る唯一の人種でもあり、分野別にファティマ・マイトとモーターヘッド・マイトに分かれている。
原作における有名なファティマ・マイトには、フェイツ公国の支配者でもあるバランス家の一族(ファティマ理論を作った6代目当主ウラニウム、初めてファティマを作った8代目当主リチウム、ラキシスやクローソーなどを手がけ星団最高のファティマ・マイトと名声の高い11代目当主クローム(=Dr.クローム・バランシェ)など)、バッシュ・ザ・ブラックナイトと一体となって行動するエストを生んだモラード・カーバイド、同じくモーターヘッド・マイトには代々サイレンシリーズを手がけたシャープス家の一族、バッシュやベルリンを手がけたルミラン・クロスビン、テンプルシリーズのダイアモンド・ニュートラル、そしてK.O.G.やジュノーンを作り上げたレディオス・ソープことアマテラスがいる(アマテラスとダイアモンドはファティマ・マイトでもある)。

議長スレで該当するキャラクターはDr.バランシェ。また騎士団らんどの住人にも何人かのMHマイトやファティマ・マイトが属しているものと思われる。加えて第366話「The Shaft~遥かなる天空宙心拳~」では、ネクロン派騎士団が銀河帝国に持ち込んだサイレンをアルセイデスに改修する際、2人のMHマイトの存在が確認されている。


まうまう《まうまう》

ハムスターの事。鼠を意味する英語"mouse"のmouの部分をとって、虹裏ではこう呼ばれる。
愛らしい外見とは裏腹に恐るべきパワーをその小さい体に秘めている。
かつて木星帝国はまうまうのパワーの秘密に気付き、アドラステアの動力源にまうまうを使うことで恐るべき力を手に入れた。だが、自由気ままなまうまうに頼り過ぎたことがその後のアドラステア没落の原因と言う声もある。

魔術師《まじゅつし》

ファンタジーにおける職業概念の一つ。「魔導師」と呼ばれる場合もある。
理屈は不明だが魔力で不可思議な現象を起こしたりする事ができる者達。
代表的な魔術師としてはゲーム『Fate/stay night』の魔術師があげられる。(斬艦刀振り回す魔術使いやや自称魔法少女もいるが)
Fateの場合では魔術は人間がやろうと思えば実現可能なことを魔力で行うことであり、魔法とは別のものと解釈される。
しかし何でもありなこの世界ではそのような事はたいした違いでは無いかもしれない。
その他議長スレには様々な魔術師が存在しており、魔道書によって己の魔力をさらに高める魔術師<マギウス>、正体不明のドナルドマジックなどが存在している。

TYPE-MOON作品では魔術師と魔法使いは明確に区別されている。魔術師が科学技術を用いて実現可能な現象を魔力を用いて引き起こすのに対して、魔法使いは科学では到底実現不可能な現象=奇跡を行う事が可能であるとされている。
しかし科学技術の発達と共にかつての奇跡は極有り触れたものとなり、かつては多数いた魔法使いも徐々にその数を減じていった。その為、現在は根源に到達した者だけが魔法使いと称されている。
衛宮士郎のUnlimited Blade Worksは魔法に最も近い魔術と言われている。
最も恐るべき魔術師である“Raising Heart”を振りかざしありとあらゆるものを灰燼に帰す白き衣を纏った少女は、その力の性質からむしろ魔法使いに近い存在と推測される。


魔人《まじん》

ファンタジー、伝奇作品における汎用概念の一つ。
一般的には悪魔の力を持った人間、もしくは悪魔とのハーフの事を言う。
議長スレでの代表格はモルドールのバージルと、その弟で各組織を渡り歩くダンテ。

特殊な意味での魔人も存在する。
動物帝国に属する織田信長はゲーム『ランス』シリーズに準拠しているが、同シリーズで言う「魔人」とは、特殊な結界に身を守られている、魔王に使える存在を言う。
彼らは魔人になる前から大幅に戦闘能力が向上されており、寿命の制限もなく限りなく不死に近い特性がある。
とはいえ呼吸や食事などは必須であり、完全に不死という訳でないが、結界のおかげで傷つけられる事だけはない。しかし、その結界を無効化する聖刀日光・魔剣カオス等の武具があれば普通の武器でも傷はつく。
致命傷を負うと魔血魂と呼ばれる玉に変化する特性があり、それは魔王でなければ処理できない。ただし、魔血魂状態で復活できるだけの力を蓄えるか、魔王に力を与えて貰う事で復活することはできる。
「傷は普通にはつけれないが不死身ではないタフな存在」というのが一番正しい見方なのかもしれない。

ミュータント《みゅーたんと》

SF作品における汎用概念の一つ。
元来は生物学用語で、「突然変異が生じた細胞または個体」を指す。突然変異はオランダのユーゴー・ド=フリースによって1901年に発見された。分類上、遺伝子突然変異と染色体突然変異に分かれる。
SF作品においては「遺伝子突然変異によって、常人にない能力を得た人間」を指す場合が多い。確認される限り、この意味において「ミュータント」という言葉を最初に使用したのはアメリカの漫画『UNCANNY X-MEN』(マーベルコミックス刊)で、日本では石ノ森章太郎の漫画『イナズマン』が嚆矢と思われる。
『UNCANNY X-MEN』や小説『宇宙英雄ローダン』シリーズでは“ホモ・スペリオール”(新しい人)なる架空の学名を与えられている。“ミューティ“、“フリーク“という蔑称も創造されている。
ミュータントの能力は様々で、目から光線を放つ、変身するなど多岐にわたる。その異容と能力、そして取って代わられるのではないかという恐怖ゆえ、在来の人類からは凄まじい差別を受けることが多い。
なお、突然変異であるので親同士がミュータントでも子供がミュータントになるとは限らない。
『スクライド』におけるアルター使い、『仮面ライダー555』におけるオルフェノク、『機動戦士ガンダム』におけるニュータイプ、『絶対可憐チルドレン』におけるエスパーなどもミュータントの一種と考えられる。

議長スレではグランショッカーの大幹部の一人、マッハアキレスことクイックシルバーが厳密な意味でのミュータントにあたるが、本人によればさらに改造手術も受けているらしい。



や行

妖怪《ようかい》

ファンタジーにおける汎用生命体概念の一つ。
人間には理解できない奇怪で異常な現象を象徴する超自然的存在、あるいは不可思議な能力を発揮する日本の民間伝承上の非日常的存在のこと。
定義的にはヨーロッパの妖精と近い物がある。
超常現象を可能にする『存在』であるために生物か否かは不明な点が多い。
なお、動物帝国では妖怪の存在はあまり信じられていないらしい。

勇者《ゆうしゃ》

出典はTVアニメ『勇者』シリーズ。
勇気ある者。トランスフォーマーの子孫や派生型という説もある。
ロボットでありながら人間と同じ精神を持ち、乗り物への変形能力を持つ点はTFと酷似している。
ただし、純粋なロボット生命体が少なく、メンバーのほぼ全員が合体ロボで占められるなど相違点も多い。そもそも勇者というカテゴリーは精神生命体や超AIロボ、搭乗型ロボなど非常に雑多な種族を内包しており、TFのように殆ど単独種族で構成されている訳ではないという事には注意が必要である。そのため種族と表現するよりも、むしろ勇気ある者に与えられる称号の一種と呼んだ方が適切であろう。
なお、初期勇者シリーズにおいて勇者ロボが自らを指して「勇者」と称する事は基本的に稀である。考えられる理由としては初期の勇者達の立場はあくまで公務員や地球の守護者であり、後の『勇者王ガオガイガー』に見られるような自らを勇者と見做す意識が低かった事が挙げられる。



ら行

錬金術師《れんきんじゅつし》

中世ヨーロッパの時代から行われ、化学的手段を用いて卑金属から貴金属(特に金)を精錬しようとする試みをする人のこと。現在で言う科学の元祖でもある。
さらに錬金術には、一般の物質を「完全な」物質に変化・精錬しようとする技術のことであり、さらには人間の霊魂をも「完全な」霊魂に変性しようという意味を持つこともあった(=神に近づく、神になる、神と合一する方法ともいえよう)。 また、ホムンクルスのように、無生物から人間を作ろうとする技術も、一般の物質から より完全な存在に近い魂を備えた人間を作り出すという意味で錬金術と言える。
ラクシズのシオン・エルトナム・アトラシアは錬金術師と呼ばれるが、彼女(と言うよりTYPE-MOON/奈須きのこ作品における錬金術師)は概念的に魔術師に近い。

【関連項目】魔術師

リンクス《リンクス》

出展はゲーム『アーマード・コア』シリーズ(「4」系列)。
アーマード・コア(AC)の次世代型である二足歩行機動兵器「ネクスト」の搭乗者を指す通称。正式には「ネクスト操縦機構(Allegory Manipulate System:AMS)適合者」と呼ばれる。
ネクストは特異な知的能力を前提とした独自の操縦システム・AMSを有している。AMSはリンクスの首の横にAMS接続用ジャックを付け、脳や脊髄と機体を物理的に接続することによって、ネクストを思い通りに動かす事ができる。
ネクストの操縦機構AMSは、搭乗者の能力を機体の戦闘能力にダイレクトに反映させる反面、特異な知的能力を要求する。
これに適合できるか否かは、訓練などによって後天的に獲得することは極めて困難であり、生来の素養の有無が重要となる。
AMS無しでネクストの力を発揮しようとする場合、完璧に連携のできる十数人のチームが必要とされており、AMS適正を有さない人間は脳内に流れ込んでくる膨大な情報を処理しきれず、脳や精神的にダメージを起こしたり、最悪、死に至る場合もある。
リンクスがネクスト特有の操縦機構を利用するためには、首の横に機体と神経を直結するAMS接続用のコネクタを埋め込む手術を受ける必要がある。 その為、AMS適正を有さない人間がネクストに搭乗する事は不可能とされている。
機能的視点から見ればファティマに酷似しているが、発祥面から見れば改造人間の一種と言えよう。

【関連項目】改造人間ファティマ

ルナリアン《ルナリアン》

出典はTVアニメ『機動戦士Zガンダム』他。
宇宙世紀を舞台にしたいわゆる「宇宙世紀ガンダム」シリーズにおいては地球に居住する人類全般を指し示す「アースノイド」と対を成す人種概念「スペースノイド」の一支流であり、月面都市の居住・出身者の総称として使用される。

人口抑制策としての宇宙コロニー建設が始まる以前もしくは同時期に月面のクレーターに空気を密閉するドーム状のコロニーや地下都市を建設し、ルナ・チタニウムなど豊富な鉱物資源やそれを基にした工業化による自立を成し遂げた。
(一説にはこれらの都市建設には発見されたロストテクノロジーが多用されたと言われるが定かではない)
バックボーンの意向や開拓者としての都市単位での自治・独立傾向が強いせいか、隣のクレーターでも政体や主義はまったく別という事が多く、大半が共和制(議会制民主主義)だが、市民の代表として君主を頂く所もある、
またアナハイム・エロクトロニクス(AE)など生活全てが一つの企業グループ内で循環する企業城下町ともいうべき工業都市も少なくないのが特徴である。

身体的には地球在住者と全く変わらないが(大半の都市では宇宙コロニーと同じく人工的に地球と等しい重力1Gを得ているが、稀に月重力である1/6Gに適応したため地球重力では生活が難しいルナリアンも存在する)、他のスペースノイド(木星在住者や宇宙コロニー在住者)から見れば天然の土地と重力を持つ存在であり、アースノイドから見ればスペースノイドとして同一視される。
地球と宇宙の勢力争いで巻き込まれる形で戦場になる事はあっても基本的に中立であり、むしろ双方に対し資源や土地の提供をすることで莫大な利益を得てきた経緯から蔑視や政治的圧力を受けることもあるが、双方ともそれを隠れ蓑に最大限利用してきたこともあり表面化することはまずない。

議長スレ世界でも月自体破壊されたり復活したりで何かと忙しいが、現状では各組織(月の諸都市・国家を含む)が月面の権益を分割しており、フィーナ・ファム・アーシュライトなど組織に属するルナリアンも存在する。
また八意永琳など一部の動物帝国ZAFT所属員には月出身を仄めかす人物も多く、今後の解明が待たれる。

【関連項目】スペースノイド


わ行

ワーム《ワーム》

出典はTVドラマ『仮面ライダーカブト』。
地球外より飛来した知的生命体。原作では、第1話の7年前、東京・渋谷に落下した隕石とともに地球に渡ったグループと、第1話の35年前に落下した隕石とともに渡ったグループに分かれている。狭義の「ワーム」は前者を指し、後者は「ネイティブ」と呼ばれ、両者は地球人類に対する態度などで敵対関係にある。
強固な外殻を持つサナギ体から成虫体(外見は千差万別)に進化する。
能力としては擬態(ドッペルゲンガー)能力、超高速移動(クロックアップ)能力(成虫体のみ)を持つ。
擬態能力については、最初に擬態した時の状況によっては自分がワームであることを完全に忘れ(あるいは知らずに)人間だと信じ込んでしまい、通常時は人間態でしか活動しない者も稀に存在する。
議長スレではグランショッカーの乃木怜治=カッシスワームと動物帝国ZAFTの「ぼっちゃま」こと神代剣=スコルピオワームが該当するが、神代は前述の通り自分がワームとは気づいてないらしい。なお最後の大隊のハンニバル・レクターも初登場回でいきなりワームに擬態されている。