議長スレ用語「ま」~

議長スレにおける用語集 です。

  • ここでは【モクズ】から【Gウイルス】までの用語を掲載しています。
  • 「あ」行から「さ」行までの用語はこちらへ
  • 「た」行から「は」行までの用語はこちらへ



【無双】

一人のキャラが何人もの敵キャラを相手に勝ち抜いていく様を指す。「○○無双」(○○にはキャラ名が入る)というように用いられることも多い。
元ネタはゲーム『真・三國無双』『戦国無双』シリーズ。
プレイヤーが単独で数百人規模の敵を倒すゲーム内容に由来するものと思われる。

第392話「ペッパー無双in千葉マリンスタジアム~実況パワフルカオス野球」において、最後の大隊のペッパー伍長が単騎で木星帝国の名有りに挑み全勝した事が起源と言われる。

【モクズ】

元ネタと違って画像下二桁が極端に弱いキャラを指す。一般兵クラスがこう呼ばれることが多い。
転じて、著しく低い画像下二桁(特に0台)が頻発する現象を「モクズる」「モクズった」と表現する場合がある。
「モズク」とも呼ばれる。

レーダー王時代の騎士団において、主力兵器であるモーターヘッド(MH)が悲惨な画像下二桁を連発した事から発生した。
語源は「藻屑」と思いきや、ズバリ『モーターヘッドはクズだな』という一としあきの呟きである。
原作では最強設定の塊である筈のMHがこのような体たらくとなった事から、議長スレでのMHは(騎士団所属騎はもちろん、らんどの住人BF団銀河帝国などに流出した騎体も含め)モクズの典型例とされる。

なお、ラクシズの構成員が極端に弱い下二桁を出した場合に限っては「トウカのうっかりが感染した」という表現を用い、「モクズ」は滅多に使われない。

モクズ菌

モクズから発生する謎の細菌。
MH以外のモノに感染しても同様に弱体化させてしまうという恐怖の細菌である。
第230話「MO KU ZU」において、DKに伝染させようと試みた騎士団のLEDミラージュが00を叩き出した事で存在が証明された。
万が一付着した場合、デッキブラシなどを用いて直接洗浄する必要がある。
ウワサによると『アマテラス帝がジョーカー太陽星団を統一できたのは、ひとえにモクズ菌のおかげではないか?』とも言われている。

MHを最弱クラスまで弱体化させている原因であろうと推測されているが、最近は「四神によってその性能の98%を抑制されている」との説もあり、定説とはなっていない。

【ルネッサンス】

大隊の鳥肌実閣下が発した魔法の言葉。
これさえ言っておけば生身で宇宙に出てもへっちゃらさ☆
文芸復興を指し示すこの言霊により宇宙は真空無重力であるという現在物理学の常識は否定され、宇宙はエーテルで満ちているとかそういう過去の概念が復活して物理法則を塗り潰すが故に、宇宙は人類の生存を拒む死の空間ではなく、生身で闊歩できる程度の世界へと変貌するのである。などという理屈は今ここで思いついただけのデマなので信じないように。いんだよ細かい事は。
なお、某髭男爵のネタとの関連性は全くの不明である。

【○○族】

A~E族

A族
主に本編において計り知れないパワーを出すが、反省会になると急に弱くなる
B族
A族とは逆の存在であり、本編では正直…なレベルだが、反省会では無駄に無敵のパワーを引き出す
C族
弱い、弱すぎる。何が哀しいのか本編でも反省会でもスライム級の…
D族
基本的に本編でも強く、更に反省会でも鬼の様なレベルを見せつける。別名シロッコ
E族
基本的に弱め。但し、いざと言うときは超パワーで相手を叩き潰します

人ネタ編

赤影族
正直何処に行っても微妙な数値しか出せない人達。まぁ、安定してるとも言えますね…
代表:言わずもがな。
後方族
E族の派生とも言える。基本的に別に強くも弱くもないのに、大事な時に哀しい数値が…
そして、どうでもいい時に超パワーを発揮します
代表:多分後方支援者
ステラ族
昔はやたらめたらに強くて、平気で戦局を左右するような化け物…だった過去の栄光の方々
要は最近腑抜けてる、または数字の神に見捨てられた人の事を差す
代表:スーちゃん、ヴァレンタイン兄弟(特に)、パニシ等
トゥモエ族
全ての種族を行ったり来たりする不思議種族。そんな事よりもオナニーだ!
心オナニーに例えよう
代表:知るか!そんな事よりオナニーだ!
ニーサン族
ネタ。すっげーどうでもいい時に強くなる。そして弱くなる時は必ず笑いを取る事が出来る。
代表:当然あの方
『キラ』
『キラ』と名のつく人物の事。生きる事にとんでもない執着が見られたり、つかみ所が無く何を考えているのか分からなかったり共通点が多い。最大の特徴はシン・アスカに強いという点だろう。

カゲレンジャー

赤影ことマスク・ザ・レッドが結成した赤影族メンバー
赤影
我らがリーダーだ! 本職はマスク・ザ・レッド
青影
アルトリア殿。エクスカリバーンとか有名だよね!
翠影
後方支援者のことだね。結構優秀な補佐役であり、最古のメンバーでもある
黒影
後藤さんことわむー魔王様だい! 普段は皆にレベル合わせているだけかも
白影
大十字九郎。いつもアル・アジフに振り回されているね
白影(仮)
イリヤちゃん。すっかり色っぽくなったね。恋人が出来たからかな? 
そんな恋人と同じカラーだ!
紫影
そもそもこの方がいないと我らがいないというお方だ!! 分け合って匿名だそうです
西影博士
ドクターウェスト。我らが回転銀螺旋の匠。ドリル職人の朝は早い
銀影
仮面ライダーギャレン。赤なのに銀。赤影曰く「被るから」
キングフォームになると、大体が黒と金になります・・・
神影
一橋ゆりえ。もはや色ではないが気にしてはいけない


【Gウイルス】

第356話「OUTBREAK」にて初登場した新種の病原菌。及びそれによって発生した感染症の名称。
人と機械とを問わず感染する未知の疾病であり、コンピュータウイルスの一種でもある。
その恐るべき感染速度と致死性は、僅かな期間に1億人近い人間が罹患し、その7割が72時間以内に死亡したという数字が物語っている。
地球圏を遠く離れた木星圏のコロニー群プラントでも発病が確認された外、グランショッカーラクシズといった特定の拠点を持たない組織でも複数の感染例が報告されている。
なお、人間以外の種族が大多数を占める動物帝国ZAFTモルドールでは一部を除いて感染例は見られなかった。
その正体は、連邦軍に現れた謎の少女・アルフィミィが異世界から持ち込んだ「マシンセル」と呼ばれる極小機械が、超進化人類(エヴォリュダー)でもある勇者新党の党首・獅子王凱の体内において、やはり凱に感染していた宇宙細菌ダリーとの相互作用の結果、突然変異を起こした物である。
同じく連邦に所属しアルフィミィと行動を共にしていたウォーダン・ユミル(=ゼンガー・ゾンボルト。のち第358話「揺り籠を揺らす手」で連邦を離脱?)もナノマシンセルを保有しており、凱には第354話「北の雷鳴 南の地鳴」における南極での戦闘の際に感染した可能性が高い。
このようにウォーダンやアルフィミィらも体内にナノマシンセルを保有してはいるものの、凱の体内に入る以前の段階なので人体に害はないと思われる。
本来マシンセルは先述したような有害性は持ってはいない筈だが(ただし、相手の精神を操作する機能を有しており、のちにアルフィミィはこれを使って第358話でシン・アスカを、第363話「故に我らはアンセスター」でキラ・ヤマトを洗脳した)、恐らくは前述したダリーとの相互作用に加え、超進化人類の免疫系が体内に侵入した異物を排除せんとマシンセルに攻撃を加え、対抗策として強い毒性を獲得したと推測される。
人と機械の両方に対して作用するという稀有な性質も、人間と機械の融合体である超進化人類に感染した事によって付加された特性であろう
(ただし、同じく人間と機械の融合体であるボーグや戦闘機人についてはサンプル例が皆無に等しい)。
マシンセルのサンプル入手が容易であった連邦により早い段階でワクチンが開発されたが、後にウイルスが自己進化を行って耐性化した事で無効化されている。
現在効果が確認されているワクチンはオーブのキョウスケ・ナンブ海佐の体内で生成された物(生ワクチン)と、八意永琳と名乗る薬剤師によって連邦に提供された物の二種類のみである。

【症状】

初期:微熱や咳など軽い風邪様症状
中期:高熱と猛烈な表皮の痒み、悪心、壊疽
後期:脳症状とそれに伴う精神疾患のピーク(「ウィーシャー!」と叫ぶ)、壊疽拡大、多臓器不全
末期:発狂、脳死、心肺機能停止、四肢の腐乱

罹患した場合の平均死亡率は65%。
自然治癒した場合、24%の患者には重度障害が残るとされる。
現時点での治療方法としては罹患者の免疫系から採取したワクチンの特効性が確認されている。また、最後の大隊が開発した、大豆ペプチドを用いた食事療法も有効とされている。

【NTR】

人によって大きく好き嫌いの分かれる性的嗜好の一つ。
……の事ではない。断じて、ない。
かつて木星帝国において進められた、強化人間(生体兵器)開発計画の一種の事。正式名称はNew Type Revolution計画。
数多の非人道的人体実験によって形作られた木星帝国最大級の暗部であった。
リインフォースⅡはその一つの到達点である。
詳しくは【NTR計画】参照の事。