議長スレ心得

議長スレ心得之条


議長スレ参加における心得、あるいはマナー
たとえそれが綺麗事だ、昔の話だと言われようとも心には留めておきたいと思うのです

壱、 議長スレは楽しく喧嘩をしたりはしゃいだりする活劇スレです
弐、 戦闘が毎回絶対必須なわけではありませんが騒いで何ぼです。ネタの提案・披露も介入も虎視眈々と積極的に狙っていきましょう
参、 スルーされても泣かない。失敗してもへこたれない。ただし注意(誹謗中傷にあらず)を受けたら真摯に受け止めよう
肆、 派手で危険な技をかけられて周囲を盛り上げられるのは、相手が受身を取れると分かっていればこそ。互いを理解しあいましょう
伍、 スレでどのような役回りを演じどのように対立しようとも、スレが終われば全員同じただ一人の参加者です。本スレで言いすぎたと思えば謝ろう。本スレで助けられたなら感謝をしよう。マジギレしたりさせたりしてその後も悪感情を引き摺ったりするのはよくありません
陸、 限られた人とだけ盛り上がっていても面白くないゾ! どうせならスレ全体を盛り上げようぜ!
漆、 キャラの使用には細心の注意と責任、愛情を持って! つまみ食い感覚で手をつけてすぐ投げ出すのでは、そのキャラ及びキャラと関わった人に失礼です
捌、 カオスを求めるならば自らがカオスになるしかあるまい
玖、 一人は皆のために、皆は一人のために。だって皆、同じとしあきだもの
拾、 スレに参加しようと思った時の気持ち、初めてレスをして反応をもらった時の気持ち、忘れずにいたいよね
拾壱、 「議長スレ心得!」「Enjoy & Exciting!」「そういう事。忘れちゃ駄目よ」


ゴッグ宣言

【~第188話「遥か雄大な大地の宣言」より~】

「オラァ、木帝のゴッグちゅうもんだ。
 オラあんま頭良くねぇから、難しい話はわがんね。
 だども皆が乱暴な言葉で喧嘩しとるのを見るとえれぇ嫌な気分になるべさ。
 言いたい事があっだども優しい言い方にしだ方がええんでねぇかと思うだ。
 えれぇ失礼すますた~。」(木星帝国一般兵ゴッグ)

「ゴッグ・・・・」
「お前の言いたい事はよく分かった」
「確かに最近は発言がエスカレートするケースも多々あったもんな」
「皆がもう一度優しい心を取り戻す必要があるのかも知れん」(議長軍一般兵)

「一般兵なら名有りでは言えないような事を言っても許される
 そんな風に思っていた時期が俺にもありました。
 でも、実際には言われた側は名有りだろうが名無しだろうが等しく傷つくんだ。
 自分が体験してみて初めて分かったとは大馬鹿者も大概だが、今では気づけた事に感謝している。」(木星帝国一般兵ザク)

「今我々に本当に必要なことは“他者を思いやる”という気持ちと私は思う。
 上のゴックが行っている通り、言いたいことがあってもそれを優しい言葉に変換しなければならない。
 言葉は相手に意思表示が簡単にできる分、時には相手を傷つける。
 だが思いやる、相手の立場にたって考えることができれば言葉も自然と優しくなるはずだ。
 スレをやる上で空気を読むことが注意されるが、私はなんら反論は全くない。
 だがその前に“相手の立場で考える”ことが重要ではないのか?
 スレでは対立しても、反省会ではみな友人・同じ仲間として振る舞いたい。同じ仲間なんだから…」(議長ギルバート・デュランダル)

「皆が皆少しでも思いやれれば問題は起こらない・・・
 そうかも知れないが、それは美論じゃ無いかなともう。
 一般兵も名有りも配慮あり遠慮ありで物事って言うのは進めれるものじゃないのかい
 でも相手の事を思いやれる・・・これは確かに重要だが、
 それを発言に対する足掛けにしちゃいけないとも思う
 ほら、そう言う風に積極性を完全に潰して何を得れるかって問題にもなる。
 やはりサジ加減なんじゃないか?、難しい話だけどな。
 俺が昔ここに来てた頃は気軽に参加できたが、今みたいな重苦しい雰囲気で
 何を見出せる、何を楽しめる・・・もうちょっとE&Eって言葉を考えてみるべきかもな」(阿部さん)

注意

心得及びゴッグ宣言は、絶対厳守のルールではなく、こうあろうぜ、というマナーです
しかし、たとえ守れない事があっても、それに対して激しい言葉でフルボッコにするようなことがあってはいけません
優しさを失わないでくれ、たとえその気持ちが何百回裏切られようと