海賊(戦人)

アウターヘブン


船長

右代宮戦人

  • 仁義を尽くす男

メンバー

河城にとり

  • 彼女の行動が海賊を変えた

データ少佐(首)

ルナマリア・ホーク

水銀燈

  • ローザミスティカを狙っている

沿革・概要

兄貴不在時に暫定的に組織を率いていた右代宮戦人だが、元親への後ろめたさがあるのかどこか一歩退いた感があった。
しかしEIS事件の首魁であるティベリウスを排出した組織だという事実があるためか、事件の際には新奥州などと共にティベリウスを攻撃する側に回った。
事件後、河城にとりの秘めた思いの爆発と、その際に取った闇統べる王とカルルに対する行動が戦人の胸を打ち、彼を暫定トップという立場から押し上げた。
現在は金星にあるというテーマパーク「20世紀博覧会」を資金源の一つとして何かを狙っているようだ。
1128話で改革と組織名変更を宣言

拠点

アルカディア号