第1173話 (08 > 17) 呪いと呪い

  • 里香の忍者修行が上手くいかないのも、アカツキが機械を壊すのも、もう恒例となりつつあった
  • 金星樹は金星を引き裂いて飛び立った。内部に、右代宮戦人とサイバトロン軍団を内包したままに…

  • 工場長を任じられた金色の闇を中心にギシン星間帝国はアフリカの制圧地域へ。そこに工場を建設し北アフリカのザナルカンドにプレッシャーをかける
  • プレッシャーをかけられる側のザナルカンドからは、イザームが作業着姿でそれに潜入。
  • しかし、野心を見せる様子のないズールに、呆れるよりむしろ怒りを感じイザームは帰還。

  • 鎌倉に拠点を構えた白銀号の居城はほぼ完成していた。ギリアムの提案で光は四国での肝だめしを計画する、が微妙に間違っていた。

  • 魔軍は何故かスイカの行商中。日本近郊にいるのか、居酒屋や白銀号の面々がそれを購入していく
  • 寝てる間に剥かれたのがよほどむかついたのか、妹紅は下着に晒し一枚の姿でそれに動向
  • しかし居酒屋の竜宮レナが購入したスイカが突如爆発

  • 能力者を増やすために四国に赤い水を撒いていたフライトナーズ。しかし何故か現れるのは能力者ではなく屍人、闇人ばかり。こんなはずではなかったとjunは頭を抱える

  • ここしばらく後手に回っていた大ショッカーでは、太陽の指輪奪取のため、リモネシアに駐留する魔軍に対する軍が挙げられていた

【攻撃側:大ショッカー vs リモネシア:防御側】
  • 二人で一本の剣を押し付けあう仲のシャドームーンとベール=ゼファーの名乗りは、次郎長が言うまでもなく不器用な男女の恋愛模様にしか見えなかった。
  • 大ショッカーが目指した太陽の指輪も、戦闘の必要があったのか疑念なくらい平和的に、シャドームーンに譲渡された。
  • 大将同士がそうであるので、部下たちの方も大真面目になれるはずもなく、顔見知り同士、スイカを爆発させアイドル計画を練る、茶会のような空気で戦場は推移。

  • ただ、彼らを除いては

  • 戦闘のさなか、今まですかされて来た妹紅は智に詰め寄る
  • 「だったらいつまでそうしてる!いつまで託されたものから目を背けて!逃げ続けて!なにが思い出しただ!」
  • 「僕は何も託されてなんかないよ…あるのは呪いだけ…僕には初めから何も無かったんだよ」
  • そこへ、智と同じ種類の呪を持つ才野原惠が、智を追ってやってくる
  • 相手に呪を移し、どちらかが生き残り、どちらかが死ぬために
  • しかし、決着のついた二人は、お互いを殺せない。自分の呪が消えるのに、相手も楽になるのに。
  • それでも智は剣を振り下ろせない。惠はその隙をつけない。
  • 自分の心に動揺する智を、妹紅の拳が打つ。
  • 表情は見えないが、その叫びは慟哭にも似て――