第1185話 (09 > 07) 焦がれた光輝

  • ベール=ゼファーとの戦いに敗れたストレイト・クーガーは体調を崩していた。動かなくなった足を戦闘に耐えるものに戻すため、彼はとんでもない荒療治を実行する

  • 各組織では大阪に陣取る大ショッカーと奥州軍への反攻作戦が練られる
  • 勇者新党は奥州との決着を望むアウターヘブンに協力を要請
  • 決戦の迫るなか、E.A.レイは皆と闘うのはコレが最後だろう、とつぶやいた

  • ゲイツから派遣されたリインフォース2は佐藤尚也に大破した栄光号の修理を持ちかけていた。カルルの愛人を自称し、すっかり自分に酔っているリインの言動に、面々は翻弄される。
  • 里香からフラッシュクリスタルを受け取り昏倒したコウ・ウラキがヒリュウ改で目を覚ました

  • アウターヘブンを離れた兜甲児は喫茶に帰還。戦人らに依頼された難民の救出を喫茶メンバーに伝える
  • だがカルル・クローバーと親しかった対馬レオや涼宮ハルヒが、兜甲児やアウターヘブンの犠牲を強いる事に反対するやり方であるのに
  • 結果的に日本を手に入れることだけに奥州市民の生活を脅かす一方的なやり方に強く反発していた

  • 大ショッカーの虜囚なっていたサイバトロンは、オプティマス・プライムがメロスのようにを熱唱するなど、意外とのんき。射命丸文と接触を図るが、ニャーと鳴くカラスに苛立つ心を隠し切れない。
  • シャドームーンは彼らに降伏を促す。
  • 「太陽を戻す気があるのか」と問うオプティマスに対してシャドームーンの返答は
  • 「我らはベール・ゼファーより太陽の指輪を預かった時からそのつもりで行動している」
  • 「もっとも以前の太陽と同じかどうかまでは保証出来ぬが」

  • OZと木星共和国は、情勢的に不利と見られた大ショッカーへの増援のため軍を用意する

  • 決戦の時が近づいていた。再び大阪を目指す勇者新党とアウターヘブンを、万全の体制で大ショッカーと奥州軍が迎え撃つ!

【大ショッカー、奥州 vs 勇者新党、アウターヘブン】
  • 傷の癒えないカルルは佐藤尚也に戦線を託す

  • サイバトロン軍団の救出のため、一人残ったアイアンハイドが恩讐を超えてエクスカイザーに協力を要請していたまさにその頃、
  • 牢を破り襲いかかってきたオプティマスに、シャドームーンは早々に物語のキーである指輪を奪われてしまう
  • が、オプティマスはシャドームーンに代わってエクスビッカーを守ると宣言
  • 「私が大ショッカーのニューリーダーだとでもいいたげなこの宣言はたしてどうなってしまうのか!(CV政宗)」
  • 指揮を任せたカルルも合流し、サイバトロン軍団と共にエクスビッカーを目指す

  • その中でリィンフォースはカルルにこんな提案をする
  • 全てと友達となりたいカルルに心を打たれて自分もまた心を入れ替えた事
  • そして母である銀星号の光に自分の命が狙われていると言う事を
  • そしてカルルもまた彼女を信用して彼女を守って欲しいという願いを受け入れるのであった
  • リィンフォースツヴァイが最後に浮かべた不穏な笑みに気が付かぬまま…

  • 奥州軍は近頃の連戦での疲弊もありアウターヘブンの攻撃でさえ防ぐのが精一杯であった
  • 更に、和久津智が勇者新党の増援に現れる

  • 奥州軍は劣勢を覆すため、アウターヘブンの旗艦アルカディアを狙う。しかし戦人は敢えて尚也を通しこれと対峙する

  • アウターヘブンの依頼に従って、住民避難を支援する喫茶店のもとに、新党旗艦グラヴィゴラスを撃沈し和久津智のイクスブラウを退けた、ラムダデルタのバリンガーZが迫る

  • エクスカイザーがカルルへ、そしてカルルもまたエクスカイザーに、尚也が戦人へ、答えの出ない問いを投げる。混乱する戦場にあって、E.A.レイのオーガンダムがエクスビッカーに近づくが、コレを阻むシャドームーンのベロニカによって引き裂かれた
  • そしてついにオプティマスプライムがエクスビっカーに至る。その全てはシャドームーンの思惑通りに――

  • そして地球に、陽の光が帰ってきた