第1184話 (09 > 03) 戦神の名の星の下で

  • 火星を巡りフライトナーズと魔軍が睨みあいを続け、対鳥籠様用の新型爆薬の開発のため火星のムゲ基地跡への到達を目指すギシン星間帝国が加わる
  • その状況を観察するOZと木星共和国

  • ザナルカンドに王の帰還
  • ただしイザークが2人いるのを見て現実逃避ぎみ

  • 先の戦いで負傷をしたチンクにバカンス中であったゲイツから連絡が入る
  • 内容は愛機であるKMFサザーランドに変わる新しい機体が配備される話であった
  • それは人間には耐えられない負荷が掛かる巨大な鉄の塊
  • 「絶対的な力…ASネーム『ベヘモス』をなぁ」
  • そしてゲイツの理不尽なバカンスは続くのであった…

  • ソヴィエト連邦軍はDKがギシン星間帝国へ同盟の打診にアマンダラ・カマンダラが新拠点「アクシズ」への移動を提案

  • 白銀号ではリインフォースの生存を確認するもお通夜ムード
  • 気を取り直し火星へ舵を切る光・・・だがギリアムはその変化に危機感を募らせる

  • OZは火星の状況の口火を切る為に粒子砲を火星に発射
  • 将陵僚が怒涛の90連射を行い、マリーメイアは考えるのをやめてしまった

  • 木星はギシンの工作を妨害するために出撃

【フライトナーズ、ギシン星間帝国 VS 魔軍、木星共和国、白銀号 VS OZ】

  • OZからの砲撃で珍獣が1匹焼ける
  • その後も砲撃がキャラデザ被りを理由にデスティニーガンダムに集中

  • フライトナーズは爆破型デス・スターを投入し進撃

  • アンチドライヴの光に魅かれるようにイクスブラウとヤークトアルケーが交戦
  • GN粒子を無効化し2機を撃退した桜田ジュンはトランザムを使用し和久津智と将陵僚の欲望を解放する
  • 欲望の開放のまま死闘を演じる2人の変革主だが・・・
「そうやって僕に希望を持たせて…なんで…」
「納得したくないし、肯定もしたか無ぇが・・・全部、お前が俺にくれた物だ」

  • 戦闘の裏でソヴィエト連邦のDKはズール皇帝と謁見、物資の手引きを条件に太陽系を取り巻く鳥籠破壊までの間、協調姿勢を取る

  • ベール=ゼファーの攻撃にストレイト・クーガーが敗退
  • 存在を焼き、生き延びる術は地球へ去れと言う魔王にクーガーは生きて復讐を誓う
「生きて何度もソイツに復讐する。俺の名を刻む。じゃないと悔しいじゃねえか?」

  • 火星の戦いを他所に勇者新党では新入りの処遇と日本での方針を極道風に会議していた
  • その折り男湯で早瀬浩一が女性物の下着を発見し騒動に
  • シャルル・デュノアとの誤解を時に奔走する早瀬・・・その頭上からは怒りの粒子砲が

  • その戦いの裏で囚われの身であったΛ―11の元に八意永琳が現れる
  • 自分自身が囚われの身であること、寿命がもう無いことを悩むΛにえーりんは禁薬である蓬莱の薬を渡す
  • その代償は……
  • 「一度飲めば永久の寿命を得る事になるでしょう。
  •  だけど永久と言うのは、とても虚しいモノ…。
  •  …それでも貴女は望むかしら?」と
  • Λ-11はその代償を受け入れた、自らが愛するたった一人の男の為に…