原作比較(昭和ライダー)

本項では仮面ライダーシリーズの内、昭和に製作された作品を取り上げる。

参戦作品のリストもありますので参考までにそちらも参照ください。


作品によっては原作の結末などの激しいネタバレを含む場合がございます。
閲覧の際にはくれぐれもご注意下さい。


原作比較(昭和ライダーシリーズ)


仮面ライダーシリーズ(昭和)

仮面ライダーBLACK/BLACK RX

議長スレにおいてはゴルゴムが壊滅した「BLACK」本編終了直後から繋がっていると思われる。
しかし、続編である「RX」に関してはかなりの改変が加えられており、南光太郎がRXへの変身能力を得た経緯も異なる。それどころか、RXは当初別のキャラ(騎士団の佐々木小次郎)が変身しており、BLACKとRXが同時期に存在するというTV版では有り得ない状況が生まれていた。
敵勢力に関してはジャーク将軍率いるグランショッカー(GS)が「RX」におけるクライシス帝国のポジションにあると言えるだろう。
GSにはBLACKのライバルである世紀王シャドームーンも結成時より参戦している。彼がGSに参加する経緯は原作で彼がクライシス帝国に与する件りと同様である。
シャドームーンは、「BLACK」ではBLACKの愛車であるバトルホッパーも保有している。これは原作終盤でシャドームーンがバトルホッパーを強奪、キングストーンの力で強制的に操ったエピソードに準拠している。