第62話 夷陵の大決戦

第62話 「夷陵の大決戦」
オーブと議長軍の同盟は、感情の隔たりを克服せねばならない。
その問題をあえて逆手にとり、議長とオーブの間で「模擬戦」が繰り広げられ、半ば喧嘩祭りとなる。
しかしその裏では、議長のドール、水銀燈が家出。さらに騎士団の金朱雀に攻撃を加えられ、水銀燈は瀕死となる。
薔薇乙女の瀕死の場面ならやっぱりでるのは大炒飯。赤影の微妙な炒飯はほおって置いて、皆で作り始める。
巴や士郎ががんばる中、意外にも大炒飯製作に成功したのは無常とアルベルト。
他にも、さまざまなドラマが生まれ、模擬戦は成功となる。
そして、プラント・オーブの同盟が晴れて完成し、さらなる敵との戦いへと動いていく。