第39話 血のクリスマスパーティ ~俺たちは一人だ~ 後編

第39話 血のクリスマスパーティ ~俺たちは一人だ~ 後編
パーティはやはり血の演舞。今夜一人の男達は立ち上がる。
エレガントパーティを無視しすすめ喪を旗に。
ラクスが同志を生身で倒せば、凱の年末の忙しさの怒りが爆発する。
キラも一人身の炎に焼かれ、男達は行進曲(マーチ)を高らかに謳う。
コスモスとトダカがのどかに過ごせば、議長のお仕置き覚悟完了?
アベルは泣く。よしよし一緒に遊園地行こうね。
そして俺たちは知る、俺たちは一人だ。どこまで一人かもしれない。
だが、ここでは皆の気持ちは一つであると!
全員、ハイネに敬礼!