第42話 オーブ絶対防衛線

第42話 「オーブ絶対防衛線」
前々からの火種の一つ、連邦軍によるオーブ弾圧がついに表面で吹き上がる。
それは、宇宙の勢力を巻き込みながらオーブに向かって侵攻する。
オーブにとっては侵略戦争に近い行動は、オーブに団結を呼び、オーブは新生AA、BF団の力を借り、なんとか撃退に成功する。
しかし、事実上の戦術司令官であるトダカ一佐の負傷、それをかばってのエクレールの負傷はオーブに衝撃を与える。
そして、離れたところでは、お互いの意思を持ち、ファイバードとシンが対峙する。悲しき戦いはシンが勝ったが、
その悲しい戦いは終わらない…。
また、同時期に衛宮士郎はオーブ内でとうとうディアッカに会う。そして因縁深き弓兵の男。
男達はさまざまな思惑の中、飯店を守りきり、一致団結し炒飯作りに励むが
翠星石とカテジナ・ルースの妄執がついに表面化することになってしまう。