第44話 落日のオーブ

第44話 「落日のオーブ」
一時はオーブは連邦、ジュピトリス連合軍から防衛するものの、再度の侵攻により第苦戦を強いられる。
グリーバス対コスモス。火花を散らす戦いは、コスモスの膝を地に付く。コスモスは見る。武に生きる者の美しさを。
また、エクスカイザーの葬儀がつつましく行われ、病院でバレンタイン兄弟が暴れまくる。
そして、間桐桜に忍び寄る白き影、月代彩。刺客が桜の命を狙うとき、士郎の心が弾ける。大切な人を守るために。
遥かなる騎士王の力を借りて。
そして、とうとうオーブ陥落の時。ロンドは決死を固めるが、諌められる。一佐は言う。死ぬことよりも、生き残り大義を成せと。
今は耐え忍ぶとき。オーブ軍は一路、竜宮島へ進路を進める。敗者の美しき撤退は何をもたらすのか。