外交関係

流動的な議長スレの勢力間の外交関係をまとめるページだよ。
勢力の外交の傾向とかもどんどん書き加えると良いと思うよ。



【現在の同盟関係】

【同盟関係あり】
  • 地球連邦(偽DK派)&大ショッカー
  • メガヘクス&ダークエコーズ&フライトナーズ
  • 甘味処&幻想幕府

【同盟には至らないが親密関係】
  • 木星帝国&勇者新党
  • 大ショッカー&幻想幕府

【同盟関係なし】
  • X-MEN(診療所)
  • 喫茶
  • 台湾
  • ジオン

【協定】

【その他】



領土関係

各勢力の領土を整理しています。ただし最新版ではないので過去ログなどで確認をお願いします

地球本土
  • ヨーロッパ
西欧・南欧(イタリア・スペイン・ポルトガルなど)→連邦
フランス東部→勇者新党
フランス西部→連邦
スイス→連邦
オランダ→連邦
ベルギー→連邦
グレート・ブリテン島(英国本土)→アカツキ(ザナルカンド)
東欧・バルカン半島(ドイツ・ハンガリー・オーストリアなど)→連邦
ロシア全域→大ショッカー
北欧→空白地帯
デンマーク→空白地帯
フィンランド→鉄華団

  • アジア
中国本土→大ショッカー
華南(広東省周辺)→台湾
台湾→台湾
ホンコン→木星帝国
日本列島→幻想幕府
Gアイランドシティ跡地→蒼の鋼
メガフロート→勇者新党
西アジア→大ショッカー
中央アジア→大ショッカー
インド→大ショッカー

  • アフリカ大陸(ほぼ全域がザナルカンド領)
エジプト→アカツキ(ザナルカンド)
キリマンジャロ→アカツキ(ザナルカンド)
スエズ運河→蒼の鋼

  • オセアニア周辺
ニューギニア基地→蒼の鋼
ヒュエーデン基地→新生ジオン
南極→アカツキ(ザナルカンド)

  • 南北アメリカ大陸
北アメリカ大陸全域→蒼の鋼
キャピタル・タワー(中米周辺)→木星帝国
南米及びジャブロー基地→連邦
オアフ島(真珠湾)→蒼の鋼

地球圏(地球と月を中心とする宇宙宙域)
  • 各コロニー周辺
ゼダンの門→木星帝国
サイド3→新生ジオン
コンペイ島→連邦
ルナツー →連邦
サイド8→連邦(偽DK派)
コロニー・スイートウォーター→フライトナーズ
コスモ・バビロニア(原作通りなら新サイド4≪フロンティア≫)→木星帝国
パラオ(L1≪ラグランジュポイント1≫周辺)→木星帝国

  • 月面
フォン・ブラウン→幻想幕府
モケラ(月面の裏側)→モルドール
プトレマイオス基地→連邦

  • 所在地不明
スターローズ(衛星軌道上に存在する?)→木星手国
ケレス基地→木星帝国
トワサンガ(原作のGレコではサイド3周辺にある)→木星帝国
アクシズ→消滅
セラス→ヴァース
アトモス(アステロイドベルト)→アカツキ(ザナルカンド)?連邦?

太陽系全域
木星圏→木星帝国
火星の衛星フォボス→フライトナーズ
オリンポス山(火星)→フライトナーズ
クリュセ(火星)→メガヘクス
クリュセ近郊地球間ゲート1(中国行き)→DCD
クリュセ近郊地球間ゲート2(ロシア行き)→連邦
火星学園都市→木星帝国
ネオ・ヴェネチア(火星)→アカツキ(ザナルカンド)
TOgenKYOデスティニーランド(移動娯楽施設/火星)→イリアステル
ビーナス・グロゥブ→中立地帯
水星軌道(第二バラレス)→中立地帯



【国際情勢の俯瞰】

現在(2050話前後)の国際情勢は群雄割拠の状況が続いている。
ガミラス戦役が終了したことで各勢力共通の敵がいなくなったことにより各勢力の思惑が交錯している状況にある。
その中で大ショッカー・連邦・ヴァースなどが勢力の拡大を目指している。
それに対して木星帝国が主導してこれらの組織の勢力拡大を防ごうとしている。
ヴァースの中心人物であったアセイラム姫が非業の死を遂げたことでこの先の情勢は不安定なものとなっている。
その一方でレイスとモルドールがヘルヘイムの森を使い旧来の世界を破壊し新たな世界を作るために行動を起こしている。
これを阻止するためにX-MENや勇者新党などを中心に戦いが繰り広げられている。
大きな動向は勢力拡大を目指す勢力とレイスとの戦いを優先する勢力の二つに分かれている。


【各組織の外交姿勢】

勇者新党

勇者新党の外交方針は人類社会の危機を阻止する事を想定した行動となっている。
例えばガミラス戦役などの地球に大きな危機が迫っているときは率先して対応に当たっている。
そのため平時には多くの組織の友好関係を作ることにしているようだ。多くの援護要請などに応えて積極的に部隊を派遣している。
また党首コウ・ウラキの個人的な交友関係からシャドームーン率いる大ショッカーとはよきライバル関係である。
さらによく怪我をする関係からX-MENとは切っても切り離せない関係にある。診療所でよく活動しているのが目撃されている。


地球連邦

木星への攻撃中にサイド8がDKを含む攻撃部隊をクーデターを企てた反乱軍と発表し分裂状態に。


木星帝国

ブルー政権は共栄圏構想を掲げている。これは各組織が独立した体制を保ったまま共存・共栄を目指している。
そのため勢力拡張には慎重な姿勢を示している。また文化的イベントを各種開催するなどしてその威容を世界に示している。
木星帝国はシロッコ政権下とは違った方向性で新たな繁栄期に入ったものと考えられる。
外交姿勢の転換は旧木星帝国が滅亡に至った、複雑な外交関係と孤立化を避けるためだと推測される。


大ショッカー

大ショッカーは世界征服を掲げて活動する組織である。そのため各勢力と積極的に交戦または協定を結ぶなど複雑な外交方針を行っている。
シャドームーンのもとには新たな若手の世代が集まり彼らが原動力となりレイスとの戦いに挑んでいる。
大首領として号令を下すだけではなく、新たな世代の育成を行うなど新たな世代を見つめた行動を取るなどしている。
大ショッカーはこれからも世界のパワーバランスに変革する大きな勢力となるだろう。


アカツキ(ザナルカンド)

組織名称を「アカツキ」へ変更。
メガヘクス関連の情勢で唯一「メガヘクスを掌握する」と言う方針を取っている。


喫茶店

様々な時代の変化が訪れても変わる事のない安息の地としての地位を確立する。
ここは様々な争いがあっても変わる事のない安寧の地として多くの客をもてなす場所であり続けるだろう。


永遠亭幻想幕府

日本列島を統治する現政権である。同地で発生したネメシスプライムの反乱などで苦境に陥るが復興を果たす。
その外交方針は柔軟性がある。様々な勢力と交渉の場を設けるなど積極的な外交姿勢を示している。
レイスに対して積極的な姿勢を示しており今後はレイスとの戦いを中心に外交方針を決めるのではないかと推測される。


診療所(X-MEN)

中立性の高い組織として存在している。そのため多くの者が往診や入院など世話になっている。
外交方針はその中立性の高さゆえに勢力拡大を続けようとする勢力とは一線を置いた形となっている。
主に診療所が国際情勢に関与する場合は、勇者新党などと協力して対処にあたっている。
現在はレイスとの戦いに関心をしめしヘルヘイムの森に関して研究を進めるなど国際協力を推し進めている。


甘味処

喫茶店から分離独立した新たな組織である。地理関係から幻想幕府と協力して行動している。
それ以外の組織とは積極的な交流を持っておらず今後の外交姿勢が気になる存在だ。


フライトナーズ

クリュセを管理運営していたがメガヘクスからの依頼を受けてメガヘクス勢力に。


台湾組

トップである金剛の出席率の低下により積極的な外交姿勢を示していない。
組織としては守勢に立っている。今後の動向が待たれる組織だ。


新生ジオン

以前の体勢は木星帝国へ編入。
その後、赤い彗星の再来ことフル・フロンタルを迎え入れ活動。
方針を「人類が諦めない限り、行き抗う事をメガヘクスに示す」としている。


新生魔モルドール軍

活動拠点を月面のモケラ(モルドール健康ランド)に限定しつつ、放浪中のDKを匿い機動力を活かし活動中。



ヴァース帝国

火星を本拠地とする勢力である。かつて15年前の戦争で滅びたヴェイガン系火星勢力を結集し、またビーナス・グロゥブから来たジット団と協力して地球奪還のレコンギスタ作戦を行っている。
当初は積極的に多くの勢力に侵攻し各組織から警戒された。そこで連邦軍とのジャブロー攻防戦をへて多組織との外交関係を構築する路線へと舵を切った。
この外交政策で木星帝国の地上の最重要拠点であるキャピタル・タワーを占拠することに成功する。
ヴァース帝国は地球圏に着々と基盤を整えつつある。新興勢力ながら世界のパワーバランスを揺るがす存在へとなりつつある。


レイス

その正体は謎につつまれている亡霊たちの勢力である。外交方針は各組織に積極的に攻撃を無差別に行っている。そのため各勢力から警戒を受けている。
ヘルヘイムの森とレイスが協定を結ぶことで行動に新たな変化が生まれた。旧来の世界秩序を変え新たな世界秩序を作るべく暗躍している。
モルドールとは世界を混乱に陥れるという点で利害が一致しており協力関係にある。
国際社会を脅かす存在として各組織との激戦が続いている。