※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

挨拶

【あいさつ】

この寮で生活するうえで重要視されるもの。変な風習が多い。

特に1年生は馬鹿でかい声で挨拶しなければいけない。
2年生は1年生が挨拶しないと物凄い怒る。
なお2年生は時間が経つにつれ、どんどんミュートに近づいていく。
なので1年生だけが挨拶しているという謎現象が起きる。

なお寮の中では挨拶するが、学校では挨拶しない人もいる。
先輩以外には挨拶しない人もいる。
〆(2月)までしっかり挨拶をする先輩はいい人が多い。

「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」が切り替わる時刻は未定義。特に夕方は「こんにちは」と「こんばんは」のどちらを使うべきかで迷う。

大体傾向としては、
「おはようございます」学校に着くまで
「こんにちは」6時くらいまで(暗くなったら)
「こんばんは」朝日が昇るまで

訓練された寮生の挨拶
  • 廊下で挨拶したあと相手が一旦部屋に入った場合、たとえ数秒で部屋から出てきても再度挨拶。
  • 風呂場に入る際に「失礼します、こんばんは」と挨拶。
  • たとえ廊下の端から端へだろうと、人影が見えたら挨拶。
  • 部屋に入って、5秒くらいで部屋から出たら挨拶。
  • 3Fの窓から1Fの歩いている人に挨拶。(筆者のみ)

中でも清峰寮の挨拶は声の大きさ、反応速度、索敵範囲で他の棟を圧倒していることで有名。