第5話 魔王降臨

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おだやかな朝。おだやかな日。
リュークたちはのんびりと海岸でくつろいでいた。
「いまだかつてこんな穏やかな日があっただろうか?おれは今ささやかな幸せを感じている」
キッチェが見つけた大きな貝に、リュークうんうんとうなずき、テイオーの見つけた身投げし、倒れていた人の報告に耳をふさいだ。
倒れていたのは不細工な少年と比べても彼氏にしたくないような男だった。
「オレはまた・・・死ねなかったのか・・・・・・」
「オレは超不幸なんだっ、今まで小さな幸せすら感じたこともないっ」
男を慰めようとしたリュークだったが、逆に男に馬鹿にされてしまう。
「あんた、オレを誰だと思って不幸自慢してんの?オレは不幸を呼ぶ男「もしも魔王」だぜ?」
そして次の言葉を合図にもしも魔王は世にも不幸なことを語りだす・・・・・・。

「思い浮かべてください」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

■ 人物図鑑
+島民+

+海の上の人々+

+刺客+

+テラの人々+

+サイドテラの人々+

+その他+


■ サンクルス観光名所

■ 第1巻あらすじ

■ 第2巻あらすじ

■ 第3巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第1巻あらすじ

■ NOA+第2巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第3巻あらすじ

■ NOA×第1巻あらすじ

■ NOA×第2巻あらすじ

■ NOA×現行話あらすじ




■ mini BBS



更新履歴

取得中です。