第8話 嵐の手術《オペ》~手術の嵐~

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「やったあぁ~~~っ!!」
男なら誰しもが夢に見るであろう、究極のポッキーの食べ方を取得したリュークの声がサンクルスに響き渡る。
しかし次の瞬間、風が吹いてポッキーは地面に落ちてしまう。地面に落ちたポッキーをアリさんが運んでいくところを見るリューク。
「まあ・・・・・・働きももののアリさんにならあげてもいいな・・・」
アリさんは一生懸命にポッキーやお菓子を運ぶと、テイオーの腹の中へと消えていった。
「担架プリーズっ!!」
「努力の結晶をこんなやつの腹で消化されてたまるか~~っ!!」
「緊急手術だっ!!チョコが溶ける前にとり出してやる~~~~っ!!」
 手術室を強引に貸しきり、リュークはオペの開始を宣言しようとするが・・・・・・。

「ふっ・・・まあ手じゅちゅのことはオレに任せとけよ!」
「えっ?」「今もしかして・・・・」「手じゅちゅっていった!?」

2007年8月4日に行われた、じゅきあきら先生のサイン会にて、この話にちなんでポッキーを差し入れするファンがいた

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

■ 人物図鑑
+島民+

+海の上の人々+

+刺客+

+テラの人々+

+サイドテラの人々+

+その他+


■ サンクルス観光名所

■ 第1巻あらすじ

■ 第2巻あらすじ

■ 第3巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第1巻あらすじ

■ NOA+第2巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第3巻あらすじ

■ NOA×第1巻あらすじ

■ NOA×第2巻あらすじ

■ NOA×現行話あらすじ




■ mini BBS



更新履歴

取得中です。