第9話 父,帰る(前編)

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サンクルスに小瓶の中に入った手紙が流れ着いた。
差出人はリュークの父、リューヤ。
マリアとダイダロスは、小瓶に入った手紙というロマンティックな響きを感じたが、手紙に書いてあった文はそれとはかけ離れた内容だった。
「見なかったことにしよう」
「はっはーんそれで仕送りが途絶えてたんだな!」
五年ぶりに現れたリュークの父、リューヤは、歯みがき粉をとりにきただけだといけしゃあしゃあとリュークに告げた。
子供のころの嫌な記憶を思い出し、我慢ならなくなったリュークは島民の前でこう宣言した。

「オレは親父みてーに自己中なヤツとはもう口きかねーからな!」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

■ 人物図鑑
+島民+

+海の上の人々+

+刺客+

+テラの人々+

+サイドテラの人々+

+その他+


■ サンクルス観光名所

■ 第1巻あらすじ

■ 第2巻あらすじ

■ 第3巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第1巻あらすじ

■ NOA+第2巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第3巻あらすじ

■ NOA×第1巻あらすじ

■ NOA×第2巻あらすじ

■ NOA×現行話あらすじ




■ mini BBS



更新履歴

取得中です。