第10話 父,帰る(後編)

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「「決戦だっ!!」」
「口を聞かない」と公言した手前、ダイダロスに向かって言い合いをするリュークとリューヤ。
リューヤとキッチェ、テイオーたちは、決闘をやめさせたように見せかけて油断させようとしたり、様々な手を使ってリュークにリューヤと話をさせようとするが、ことごとく失敗に終わってしまう。
口パクで「くそおやじ」と言って逃げ出したリュークだったが、そのとき今日が特別な日であったことに気づく。
サンクルス共同墓地に花をつんでやってきたリュークは、そこに先客がいることに気づく。

「なあ母さん・・・・・・母さんや島のみんながあのウィルスで死んでから・・・・・・今日で十一年になるんだな・・・・・・」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

■ 人物図鑑
+島民+

+海の上の人々+

+刺客+

+テラの人々+

+サイドテラの人々+

+その他+


■ サンクルス観光名所

■ 第1巻あらすじ

■ 第2巻あらすじ

■ 第3巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第1巻あらすじ

■ NOA+第2巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第3巻あらすじ

■ NOA×第1巻あらすじ

■ NOA×第2巻あらすじ

■ NOA×現行話あらすじ




■ mini BBS



更新履歴

取得中です。