※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 拍手ネタにしようと思ってちょこちょこ落書きしているのですが、中々形になりません。やっぱり、描かないと描けなくなるもんだなあ。それは文章もイラストも一緒か。

 と言うわけでここでネタだしですよ。
 ま、勝手に管理人が妄想しているBSSのとあるワンシーン。相方に話したら「みじかっ!」と言われました。




 大きな窓が三つ並ぶ食堂のテーブルに子供が2人座っていた。手にはそれぞれスプーンを持ち、反対の手でスープ皿を押さえている。あまりに小さな手は、その子供が今だ就学年齢に達していないことを現していた。最も、歳を重ねたとて、2人が学校へ行くことはなかったのであるが。

 2人は兄弟である。歳は同じだったけれど、自然と姉と弟になっていた。美しい金髪を肩で切り揃えた少女がフィシス、同じ長さの黒髪の少年がキース。少しだけ太陽が西に傾いた午後の入り口、2人は広い食堂で遅い昼ごはんにありついていた。

 キースはたどたどしい手でコーンスープをすくうと、スプーン一杯のスープがかすかに揺れて、一滴も零しちゃだめなんだよと、じいっと見つめながらそろそろと口に運ぶ。次はスプーンと同じだけ大きく口を開いて・・・、次の動作に移ろうとしたその時、隣でフィシスが立ち上がった。

「もっと欲しいです。母様!」

 キースはびっくりした。すこし肩がびくりとなったかもしれない。
 スープの事などすっかり忘れて、すぐ横で両手でスープ皿を突き出しているフィシスを見上げた。姉がおかわりをねだったのだ。

 ぴとん。

「あ」

 余所見をしたキースの目の前でスプーンからたらりとスープが零れたのだった。

「キース、余所見をしては駄目。フィシスも食器を差し出すなんて駄目よ」

 フィシスから皿を受け取ったイライザが回り込む。
 前掛けにしみこんだスープを見た後、口に付いたコーンスープを拭った。




 学校に行きたいフィシスと、巻き込まれたキースの大冒険とか。私が読みたい。





カテゴリ: [ネタの種] - &trackback- 2008年01月17日 23:08:44

#blognavi