※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 2週目をハードで始めてます。さっそく、mission3でロト隊に遭遇。今度はできるだけエーススタイルが傭兵になるように、家だろうが、テントだろうが、被弾した機体だろうが狙い撃ちしてます。まんまエリア88の世界だ。ただ、今週はFF13も控えていることだし、のんびり行こう。PS3買いましたぜ。

 サイファーの人物をちょっと考えてみたりして。
 基本、戦闘機乗りって軍人あがりだよね、戦闘機なんて自分じゃ買えないし、まあ、お金持ちなら分からんが。ピクシーとそんなに歳が変わらない気がするけど奴より少し達観してる感じで、30前、誕生日差で29才くらいか。ピクシーはアレで28みたいだからなあ。
 普通に入隊して戦闘機乗りになって、軍でいろいろ経験して除隊してしばらく別のことして、やっぱりこれしかできないなってことで再び空へ。多少多く物事を経験していて理想と現実との折り合いをつけてしまったあたり、ピクシーよりも大人かも知れない。ってことは、傭兵としてこちらもあれこれ修羅場をくぐっている彼と同じくらいか、それ以上修羅場をくぐっている。とすると激戦地にいたわけで、戦争が絶えずありそうなところ・・・ベルカとオーシアの国境付近か?つまりオーシア空軍?
 うーむ、どうにもしっくりこないな。
 イメージ的に色素薄い感じがする。


 キーボードが変。「。」が出ない。
 ここから次の日に打ってますがな。

 ベルカ戦争が終わってからサイファーはどうしたのか。戦場を求めてあちこちの空を飛び回っていたのか、もう飛ぶことをやめてしまったのか。初め考えていたのは「これしかできない」ならまだ戦闘機に乗ってるんじゃね?だったんですが、相方は、もう飛んでない、と。ピクシーとの一戦で何か思うところがあったのではないかと。何かってのは分からないけど。

 ウィンターリゾート近くの雪山の別荘の主になってて、赤い毛並みの犬といっしょに。時々道に迷った旅行客やベストシーズンで宿が取れなかった観光客が道を尋ねてくる。吹雪いてたりすると泊めてあげたり。そこに泊まった学生からあのジャーナリストに話が伝わり(どんなかは不明)彼はついにサイファーに出会う。ってのを希望らしい。
 管理人的には、戦線が北上して山岳部に追いやられたピクシー達が逃げこんだ先がサイファーの所だといいと思う。ありえないけどさ。

 って、作中のドキュメンタリーはベルカ戦争後10年だから40手前。一人と一匹しかいないペンションで普段何してるのだろう。。。



カテゴリ: [いろいろ感想] - &trackback- 2009年12月13日 19:20:24

#blognavi