※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 危機管理の入門書を探して本屋を4つ回ってなかったんだ、もともとはアマゾンで評価の高い本だからそれに決めたわけで、あー、最初からアマゾンで注文しておけばとっくに手元に届いていたかもしれない、この三連休。いまやブームは原発や放射能関連で書店の店頭は埋め尽くされていますね・・・。と言うわけで、お急ぎ便で届くのは粛々と待つ。

 焚書官ってネタいいなあとここ数日、情報漏洩の件で考えていたけど、焚書官って言葉、ダンダリアンの書架にとっくに出てたんだー、残念。あーでも、内容は違うけど、何とか一つの話にならないかなあ。
 世界を36のエリアに分けて、あるエリアに配属された新人の話。焚書というのは俗称で、正式にはリアル媒体に起こされた漏洩情報の処分が仕事。データの消去は専門のネットワーク部隊か、もしくは技術が進んで、エリアを通過する時にアポトーシスが起こるようになっているとか。
 なーんて考えてました。ちょっと前に考えていたネタの進化系。


カテゴリ: [つれづれ] - &trackback- 2011年07月18日 22:02:19

#blognavi