※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 Level 15



 闇の森と言っても、普通の森だ。
 ステラは保護者付きなのに気を良くして、あっちへふらふら、こっちへフラフラとよく道草をした。その様子を呆れながらルナマリアが構う。
 金髪のエルフ、レイと言うらしいが、彼はそんなことに頓着せずどんどん森を突き進むから、シンはただ一人、離されないようにステラとルナマリアに発破をかけた。

 深くなる森の木々の間から薄明かりが漏れる。
 不意にレイが足を止めて、あたりを見回している。
「どうかしたのか?」
「着いたぞ」

 えと。木の他に何もありませんが?

 無言でレイに訴えると、彼は無表情のまま、枝にぶら下がっていた木槌で木の幹をカンカンカーンと3回打ち鳴らした。数秒の間隔を置いて。

 ザ―――
 ガサガサ。ゴゾゴゾ。

 あたりを取り囲んでいた木が風もないのに揺れて、一角に道ができていた。歩きやすいように木が埋められた道は、さらに森の奥へと続いている。目を凝らせば、そう、確かに集落らしきものが見える。
 一行は好奇心と少しの不安を胸にノームの村に足を踏み入れた。
 薄暗い森の中なのに、木々の枝枝にはランプが灯り、町の夜の居酒屋のようだ。
 シン達を珍しそうに眺めては、近寄ってきて陽気に話し掛けていく。

「どっから来たんだ!?」
「うちはいいものが揃っているよ!」
「安くしとくよ? このブロンズメイルなんてどうだ?」

 手先の器用な彼らは様々なものを作る。きっと大陸中のありとあらゆるものを作ることができるだろう。売り込みに来る彼らを掻き分けて、ノーム達の工房や店を見て回る。
「ヴィーノのメイルより、俺の剣のほうがずっと強い!」
「なんだと、ヨウラン! お前の剣なんてアスランのフライパンに負けたじゃないかっ!」
 シンと同じくらいの歳のノームの少年達だ。
「お、お前のメイルだって、アスランのフォークに負けただろっ!」
 売り込みに来たはずが、なんだか口ゲンカに発展しそうな勢いだ。

「俺たち、この先の闇の森のダンジョンに行く予定なんだけど・・・何かいいものある?」
 シンは二人の間に割って入って、まあまあと声を掛けた。

「闇の森のダンジョン?!」
 複雑そうに二人してシンを覗き込む。
 如何にも何かありますと行った顔で、ルナマリアを顔を合わせる。

「俺は別に気にしないが、ステラという連れがいないぞ?」
「は?」
 今更のようにレイが指摘するのを、シンは恨めしそうに聞き返してステラを探す。途中ではぐれたのか、持ち前の好奇心でノームの珍しい小道具に没頭しているのか。
 目に見える範囲に、ステラがどこにも見つからなかった。
 店の軒先にも、ノーム達のおしゃべりにも混じっていない。

「なんだよ、ルナマリア、ちゃんと見ててくれよ!」
「何よ、アタシのせいなの?!」

 言い争いつつ、シンがルナとノームの村を手分けして探そうとした時。
「シン―――。これ、見て!」
 ステラが鍋をかぶって現れた。

 パコッ。
 シンは慌てて駆け寄って、ステラの頭に乗るけったいな形の鍋を叩いた。鍋と言うかチューリップハットというか、二つの持ち手がついていなければ鍋とは分からないだろう。
 シンは、ステラからその鍋を取り上げて、蓋はどうするのだろうと考える。

「ああ、アスラン!」
「こいつら闇の森の光る瞳探しに行く気だってさっ」
 ノームの二人が、まるでさっきまでのケンカが嘘のように一緒に駆け寄る。

「えっ、そうなの?」

 手に、波波の形をした蓋をもった青年がノームの二人の少年に答えた。
 一瞬、ひんやりとした冷気が空気に混じり、目が合う。

 シンはいつもの勘が働かなくて、少し焦る。
 ノームってみんなこうなのかな。人懐こくて、陽気で、あっさり警戒心をすり抜けてしまう。あろうことか彼の容姿を見つめたまま立ち尽くしていた。
 しかし、相手はステラを見て、シンの手にある鍋を見つけて歩み寄って来る。おもむろに鍋の蓋らしきものを差し出す。

 ほんの好奇心だ。
 それが本当に蓋かどうか、ちゃんときさるのかどうかって。
 シンはそれを受け取って、ぴったりと収まる鍋と蓋に胸のうちで感動する。
 スゴイと言おうとして、彼を見上げると、差し出された手のひらが目に入った。

「70ゴールドだよ」
「はい?」
「だから、その鍋のお代」
 にっこり笑ってその人は(いや、ノームかもしれないけど)言った。



 Level 16



 決して広くない一室に、シン達4人と、ノームの3人がいた。大きな木製のカウンターに肘をついて、とりあえず一杯。勿論、ノンアルコールである。

 カウンターの向こうには、シンから70ゴールド巻き上げたアスランがいた。
 ここはアスランの店で、ヨウランとヴィーノはここに入り浸る少年。
 シンとステラ、ルナマリア、レイは否応無しでここで装備を整えることになった。

「本当に行くのか?」

 注文したアイテムをカウンターの上に、ドン、ドンと置いて店の主人が問う。
 ヨウランやヴィーノの話では彼の店にあるものは、みなどれも一級品だから間違いはないと言っていた。彼を手伝って、品物選びをしている。

 どんぐり。くるみ。ココの実。

 おいおい、そんなもん頼んじゃないぞ。

「光る瞳かあ。たまに探しに来るけど手に入れたって話は聞かないしな」
「そうそう。よく偽物が出回るしなー」
「そういう時は、ちゃんとアスランが偽物だって見抜くんだぜっ!」

 つまりは、偽物を用意してダンジョンを攻略したと喧伝したいくらい、難易度の高いダンジョンだという事。

「でも、ドラゴンの瞳が必要なんです!」
 勢い勇んで答えたのはルナマリアだった。

 そうだった。
 元々これは彼女が持ってきた話だった。成り行きで地図は俺たちのものになって、杖やドラゴンの瞳を探すことになってしまったけれど。
 あ。70ゴールド。余計な出費だ。
 まっ、鍋は買わずに済んだからいいけど、その代わりここで買うことになっちまったし。

「今更、止めろとは言わないけれど。無理だと思ったらすぐに引き換えせよ。今まで何人もの勇者が挑んで、最下層まで辿り着けなかったダンジョンだ」
 シンはアスランの軽い説教口調を聞き流す。
「ドラゴンねえ・・・もし遭遇したらこのスペルを使え。サービスしとくから」
 キュッとひもを縛って、俺たちが頼んだアイテムとスペルカードを差し出してくれた。
 4人分の背負い袋はヨウランとヴィーノからのサービスらしい。

「君も行くんだろ?」
「俺の仕事は道案内です」
「どこまで?」

 レイが渡された背負い袋を手に、複雑そうに立っていた。
 森を出る時、アスランと二人の少年・ヨウランとヴィーノも見送ってくれた。


つ・づ・く

全然、進みません。ようやくニキータ登場です。じゃなかった、トルネコ・・・じゃなくて、アイテム屋登場です。RPGなんかやっていると、どこでも出てくる、アイテム屋。苦労して攻略中のダンジョンや、迷いの森や敵城の中にもいる謎の存在。ほんと、道、知ってるなら教えてくれよって、思いません?