※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
妄想はとどまるところを知らず、ただ流れ出すのみ。


「先に行っててくれ、キラ!」

 アスランが急に反転して通路を戻っていく。警告が鳴り、揺れが始まるメサイアの中、キラとアスランは中央司令所からフリーダムとジャスティスを停めたドックに戻る途中だった。制御を失い、シールド失った移動要塞はゆっくりと月面に向かって降下しており、数分後には衝突爆発する。
 かく言う今も、所どころで小さな爆発が起こっているのか、キラの目の前でガタンと隔壁が落ちた。
ダンと冷たい壁を叩くキラ。

「ちょっと待ってよ、アスラン! どういうつもっ」
「やっぱり俺には、このまま置いていくことはできない」

 壁の向こうから声が聞こえた。

「何言ってるのっ。今すぐ出ないと、ここはもうっ」
 最後まで言わなくても結果は目に見えている。事態は一刻を争うのだ。
「助けられる人をそのまま見捨てて逃げて来たなんてカガリに知られたら、またどやされるよ」
 キラが隔壁をこじ開けようとパネルを操作するが動かない。それもそのはずだ、内側からアスランが上がらないようにつっかえをしていたからだ。
「月面にもまだ助けたい奴がいるんだ。手のかかる後輩達だけど、頼む、キラ」
 シンという名の少年。
 キラもアスランから聞いて、オーブで家族を失い、インパルスでフリーダムを落とし、そして、脱走しようとしたアスランを撃墜したという後輩のことを知っている。アスランが彼のことをとても気にしていたことも。

「アスラン! 絶対、戻ってきてよ」
「当たり前だろ。お前も気をつけろよ」

 遠ざかる気配にキラは両手で隔壁を叩く。パイロットスーツのグローブ越しに伝わる衝撃が痛かった。くっと歯を食いしばって隔壁を後にする。ドックにたたずむフリーダムとジャスティス。キラは隣の深紅の機体を見つめて、フリーダムのコックピットに滑り込んだ。



今でも、思います。
あんな終わり方じゃなかったら良かったのにと・・・oz
と言うわけで、私の中ではアスランはレイ達を助けに、シンとルナを助けたのはキラってことになってます。


カテゴリ: [ネタの種] - &trackback- 2006年01月18日 23:30:56

#blognavi