※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 アンドロイドやミュータントじゃないですよ。サイボーグです。サイバネティック手術で生き延びたアスランと、彼をメンテナンスするイザークのお話・・・とか?(って、聞くなよ)

 相方曰く、この役割どころは逆だそうだが、エンジニアタイプのアスランは確かに技術者かなーとも考えたが、イザークさんは、うーん、プッツン切れても根底に理性を残していそうで暴走しそうにない。

 ザフト軍決戦兵器・ジャスティス。
 コード名:ジャスティス。またの名を緋の正義、死神。

 膠着した戦場に投入され、動くもの全てを消す最終兵器です。敵も味方も関係なく地上で動く生命全てが対象になります。サイボーグなので、武器は基本素手ですが、両腕にレーザーブレードを装備しています(ガンダムみたいなのです)元はザフト軍の兵だったが、ある戦役で瀕死の重傷を負い、ザフト初のサイバネティック兵士の試験体第1号となる。記憶を失っていて、まさに殺戮人形。全身を覆うスーツの上に緋色のパーツを装備しています。

 顔は・・・バイザーで目元が見えないほうがいい。髪を隠すヘルメットがあったほうがいいかなあ、髪がぱさっと広がるシーンができる。勿論、バイザーは最終的にはひび割れて、パリンっと落ちて素顔が露になるわけですよ(笑)

 この兵器は扱いが難しく、入念なメンテナンスを必要とします。それが、イザーク。作戦の立案から完了の判断、メンテまでこなし、暴走した最終兵器のストッパーです。彼の音声とキーワードで止める事が可能だが、デジタル信号の音声とキーワードで再現しても反応しないので、何か別のファクターがあるらしい。彼もアスランと同じ戦役で負傷し前線を退いています。サイボーグではないが、生身の体で搭載している装備を一部使うことができる、と。結構強いです。

 そんなイザークの雑用係がディアッカ。戦場の後片付けは彼の仕事です。


 こーゆーのを考えている時が一番楽しいんだよね。


カテゴリ: [ネタの種] - &trackback- 2006年07月20日 21:08:07

#blognavi
  
添付ファイル