※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 夜の帳が消える前の黎明。
 透き通った蒼い闇。

 王都の石畳を音もなく失踪する6頭立ての馬車があった。初雪の白い道を進む黒い影の跡は降り積もる雪で覆われてその形跡を残さない。インバネス姿の御者が鞭を一振るいして通りの彼方へと消えると、どこかで重い鉄門が閉まる音がした。早過ぎる冬の訪れと共に、帰り来る者。

 王国の歴史を締めくくる未曾有の出来事の幕開けを誰も知らなかった。



 緩やかに描かれた弧に赤い光点がともる。瞬きをする間に蒼く透き通った輪郭が浮かび上がり、その星の由来の青い海と大地を円が球体となって姿を現す。
しかし壮言といって朝を何べんも繰り返して歴史は紡がれるのだ。この国の王都でも北の大地でも、それだけは代わらない。

 パトリックはいつもと同じように、少しずつ冷えていく朝にローブの襟を手繰り寄せて部屋のドアを開けた。廊下にともる人工の明かり、足元を暖める絨毯、例年よりも早く露や霜が降り、1ヶ月も早く降った初雪からディセンベル領ではすっかり冬支度が始まっている。
「旦那様」
 代替わりしたとは言え、城にいる者達にとってパトリックが主である事には変わりがない。
「今日はまた一段と冷え込んだな」
「左様でございます。王都でも初雪が降ったそうで」
 パトリックが歩みを緩めて少しだけ振り返る。
「着いたか」
「本日中にはお目通りかなうと先ほど知らせが参りました」
 回廊へと続く階段の古城の曇った窓から朝も早い領地を見下ろした。
「そうか。レノアにも知らせてやらんとな。今日からアスランが王城へ上がることになったと」
 病床の妻が冬を乗り越えて安堵した夫と息子を置いて、彼女は春の芽生えの中静かに息を引き取った。柔らかな日差しのなか、畑にタマネギやキャベツが実る春先だった。
「今年の収穫祭は寂しゅうございますね」
「老いたな、ゼルマン」
 重厚なドアが開き、白いテーブルの席に着くのは今日から一人になってしまった。会話は少なくとも、昨日までは確かにもう一人待っている者がいたが、一人減っただけで随分と広く感じられた。トレイを腕に乗せる給仕達に指示を出すゼルマン。
「まだまだでございます」
「そうだな。あれがどこまでやれるか・・・」

 窓から差し込む朝の光が食卓を照らす。朝日が昇る方向に王都はあり、一人息子を送り込んだ王国の重鎮が眩しさに目を細めた。パトリックの元に一通の手紙が届くのはその日の午後だった。



 いつもより厚手の上着を羽織って、恒例のお茶会へと出向いたそのバルコニーで思わずキラが聞き返す。朝まで降っていた雪は跡形も無く解けて、いつもと同じ秋の昼下がり。
「えっ?何て?」
 優雅にティーカップを運ぶ王女が一口含んで、唇を濡らす。カチャリと微かに音を立ててキラを見る彼女の瞳はセルリアンブルー。
「ですから、ディセンベル伯が陛下に拝謁賜ったそうですわ。今日の午前、離宮でお会いになったと申し上げているのです」
 王城から少し西へ昇った小高い丘に離宮があり、国政を娘婿に譲った現国王が住んでいる。今やこの王国の中枢を押さえているのは自分であるという自負を持っていたキラは少なからず面白くない気持ちを抱える。昔にも同じ感情を抱いたこともつられて思い出して、顔を顰めてカップに手を伸ばす。
「ここには来ないんだ」
「あら、わたくし達が忠誠を誓うのは陛下ですもの」
「そりゃそうだけどさ、ラクス」
 キラは少し醒めた紅茶に口を付けて、ほんのり苦味のあるこの茶葉をやはり好きになれないと改めて思った。
 王国の主だった貴族達が今もこぞって詣でるザラの跡継ぎで、王国一の産業都市を抱えるディセンベル。この国に地盤を持たない自分と違って、彼には王立アカデミーの同期やら貴族の子弟の知り合いも多いだろう。それこそ祖国の留学生にまで好かれている様子だった。母親の喪が明ければ伺候すると噂だけはあったが、これはフライングだろう。
「すぐにお会いになれますわ。王城に上がるというお話ですもの、きっとキラの右腕になりますわ」
「だといいけど」



1.イザーク・ジュール



 襟ぐりに異国で取れたという毛皮をあしらった白いガウンを羽織って、イザークは自室からまだ冷えている絨毯の上を歩いていた。
「今年はどうするの?」
「母上?」
 同じように暖かそうなガウンを纏ったイザークの母に呼び止められた。銀の髪、青い瞳、纏うガウンまでが同じ意匠と合っては、二人を知らぬものが見たら目を擦ること必死だろう。
「北へは今年も行くのかと聞いているのよ」
 ああ、そんな季節か。道理で冷えるわけだとイザークは、窓から冷えた外を見つめた。北に行くのかと聞かれて、行くかと言えば答えはノーである。何しろ、北に行ったところで目当ての人物はいない。
「いいえ、恐らく今年は王都で」
「それもそうね」


 そしてイザークはその日のうちに、門を叩いて、いや、開けさせていた。
「それで、君は、早速、うちに来たわけだ」
「何が言いたい」
「門番が目を剥いていた。ジュールの跡取り怒鳴り込んできたと。ここはディセンベルじゃないんだから、知らせもなしに来るなんて」
 ザラの領地ディセンベルは王都から遠く離れた北の地で、人々のリズムが違う。暢気に領主が散歩に出て野菜を抱えて帰ってきても、笑って門を開けるだろう。そもそも、屋敷を囲む黒い鉄策に覆われた重厚で、天を突き刺すがごとく尖った鏃を持つ門などない。
「何か不都合でもあると? まあ、王都では幽霊屋敷と言われる場所だからな、人を通すには準備が必要だったか?」
 今までこいつは自分の領地に引っ込んで好き勝手なことをしていたのだ。イザークは、目の前でムッとしている家主を見て、顎を上げる。主のいない屋敷は夜空よりも闇色の風体で恐れられていたが、ここ数日、僅かな明かりが灯る用になった。夜ともなれば不気味に浮かび上がり黒い屋敷は、幽霊屋敷と呼ばれている。病死した伯爵夫人の姿を見たとまで噂されている。
 だが、実体は主の帰還に合わせて、明かりが灯されていただけなのである。世間の噂を何とも思わない彼であるが、自分が言えば反応が違う。
 散らかった屋敷内は派手な改築の真っ最中で、イザークにも何をしようとしているか一目瞭然だった。取り壊された壁、散らばる工具や、大きな道具はディセンベルではよく目にする工房にあるもの。何を隠そう、黒い作業用エプロンをしたアスランの姿はディセンベルの城で見た時と同じ。
「失礼だな。その幽霊屋敷に押しかけたのは君じゃないか」
「来てやったんだ。今年も一番にな!」
 少し驚いた顔をして、少し緊張がほぐれたようだ。恐らく全く頭になかったのだろう。あの代替わりしたディセンベル伯が王城に上がると言う噂だけで、水面下で駆け引きが始まっている。その渦中にいるのがこいつだ。
「挨拶回りで疲れたとは言わせんぞ」
「しかし、そうとなると準備が必要だな」
 確かに。北の城には全てを取り仕切ってもお釣りが出るような女主人がいた。そういった手回しがお世辞にもこいつにできるとは思えず、イザークは内心しまったと思う。焚きつけたつもりが、罠に嵌ったのどちらだったのか。
「フン」
「日にちもない」
 だが、待ちに待ったこいつと再び見える時が来るのだ。
 国政にかかわることはイザークの喜びであったが、物足りなさを消すことはできなかった。張り合う相手がいなければ、ただ息苦しいだけである。ここ数年、北の地で数えるほどの勝負を楽しみだけでは到底満ち足りない。
 それが、これからは毎日だ。その為の下準備だと思えばいい。こいつの事情はあるだろうが、俺には俺の事情がある。俺の為だ、せいぜい暢気に構えているがいい。
「貴様に王都のやり方と言うものを嫌という程、教えてやる!」
 そうと決まれば、やらねばならぬことがある。
 時間がないのだ。
 イザークはディセンベル伯の屋敷を辞すと、その足で親友の下へと向かった。



2.ディアッカ・エルスマン



 はあ・・・とため息をついてディアッカは親友のイザークを見た。王宮の一室から王都を見下ろしている、公爵家の跡継ぎはまた厄介ごとを運んできたと思った。
「で、みえ切って引き受けてきたわけだろ?」
 ディセンベル伯との繋ぎは誰だって、喉から手が出るほど欲しいだろう。代替わりして王宮に顔を出さなくなった選帝侯の一人。先代とは似ても似つかぬ軟弱者、先代には遠く及ばないと評されていても、ザラの名はでかい。暗愚であればあるほど利用価値があるとも言う。
「マティウスとザラが組むと思われるぜ?」
「そんなことにはならん。奴とはライバルだ」
 だからそうじゃなくて、だ。
「イザーク、アイツ、まだ王宮で正式に何かの席に着いたわけじゃないんだぜ?」
「そんな大々的なものじゃない、ごく内輪のものだ」
「ああ・・・内輪ね」
 つまりは派手なパーティとかではなく、北の城でやってきたことをそのまま持ち込む気なのだろう。アスランにとっても、その方がありがたいかもしれない。集るハエどもの相手をしていたのでは、折角の機会が台無しになってしまう。
「場所は、やっぱりあそこ?」
 王都の一角の空を黒く染める、不気味な屋敷。
 近頃、美しい女の幽霊や、甲高い悲鳴が聞こえると言う通称幽霊屋敷。
「奴め、早速自分専用の工房を作っていやがった」
「それで、予定よりも早く来たわけね」
 本格的に王宮へあがることになったら手を付けることができない。だから今のうちにと言う事だろうか。せっかく作った工房もあまり活躍しないだろう事を予想して、残念に思う。最も奴とて、どちらも両立できるとは思っていないだろう。
「で、俺はどうしたらいいわけよ?」
「こう言う事が得意な奴がいただろうが」
 何だかんだ言いつつ、いつものメンバーが揃う。これは嵐の前の静けさって奴さ。ディアッカは、これから訪れる嵐に期待している自分に気がついて苦笑していた。
「あー、いましたね。アスラン大好き人間が」
 あいつはいい顔をしないだろうと言うことも分かる。
 純粋にアスランの幸せを願っていた。王都に出てきてしまえばそれは難しくなる。なんでこんな時期に戻ってきたと思わなくもない。だが、それすらも、ここ最近鬱屈していた生活に落とされるスパイスになるような気がするのだ。
 人生、楽しまなければ損だ。
 アイツは楽しんでいないから損だ。
 楽しむコツを少し伝授してやるのも悪くない。
 都じゃなきゃできないことも、山ほどある。そう思って思い浮かべた光景が王都の夜の華、色町だと言う事は目の前のイザークにもアスランにも言えはしない。浮いた噂を流さない貴族は庶民に愛されないとディアッカは本気で信じていたから、まずはそこからだと、にやりと笑った。
「何をニヤニヤしているんですか、貴方は?」
 グットタイミング。
 ニコルがやってきた。



3.ニコル・アマルフィ



 窓際に腕を組んでたたずむイザークを見たときは、また何か考え込んでいるなと思ったが、だらりと椅子に腰掛けたままいやらしい笑みを浮かべているディアッカを見つけて首を捻る。イザークとディアッカの態度がかみ合わない。
「色々とね、先輩は大変だってこと」
 ニコルから見るとディアッカは3つ年上である。アカデミーこそ同期であるが、年上であることは変わりない。
「質問の答えになっていませんよ、ディアッカ」
「気にするなって」
「それはそうと、今年はどうします? ディセンベルに行ってもアレですし」
 今日、ここに寄ったのはその事を確認したかったのだ。アスランが王都に来ているという話は伝わっている。離宮の国王に謁見したと言うことも、それ以来、屋敷に閉じこもっていると言う事も。
「今年はあの屋敷でやる」
「と言うと、幽霊屋敷で?」
 夜な夜な悲鳴が聞こえると言う、あの?
「主の了解済みだ」
 どうやら今年も一番乗りには間に合わなかったようだと知って、がっかりもしたが、イザークも中々やってくれる。正直、今年は皆が集まる機会がないのではないかと思っていた。あの北の地だからこそ、羽目を外して大騒ぎができたのだ。
「それは楽しみですけど、大丈夫ですか?」
「それを何とかするのがお前の仕事だ、ニコル」
 ああ、そう来ましたか。
「どうせまた、売り言葉に買い言葉で明日請合いして来たのでしょう?」
 苦労するのは僕なんですからね。
 まだ爵位を継いでいないとは言え、皆この国では一角の肩書きを持つ。何かあると思われてしまってからでは遅いのだ。ただでさえ、隣国から来た王女の婚約者は随分と貴族達の動向に目を光らせている。
「大当たりだぜ、ニコル」
「イザーク、今は難しい時期だって分かってますか?」
「そうそう、内緒で内輪のドンちゃん騒ぎじゃ、まるで悪巧みしてるみたいじゃね?」
 内憂外患なのだ、この国は。確定しない国境線、隠居してしまった国王。表面上上手く回っているようでも、貴族達は皆したたかだ。ただでさえ、その中にこれから飛び込んでいく彼を前にして、波紋を広げたくはないと言うのに。
「なぜ俺達がこそこそせねばならん。あいつの誕生日を祝うのに、誰の許可が必要だと言うのだ、貴様」
「じゃあさ、王女の婚約者も呼ぶ?」
 ジロリとイザークに睨まれてディアッカは肩竦めて慌てて訂正していた。
 イザークの言う事もディアッカの言う事も最もで、ニコルは噂を逆手に取ることを思いついた。
「それならいい考えがあります」
 ニコルはにっこり笑って、人差し指を立てた。
 季節は、収穫祭。街に溢れるのはオレンジ色に光る明かり。
「幽霊屋敷に幽霊が出たってことなら問題ないでしょ」



4.ミゲル・アイマン



 んな無茶な。と知らせを受け取った時思った。
 今から、南の辺境まで行ってそこでラスティとハイネに手紙を届けて一緒にミーアを迎えに行けと?
「ニコル、これはさすがの俺でも」
 泣きが入る。
 まともなケーキにありつきたかったら、ミーアのプレゼントを死守して下さい。
 どこかで休暇申請を出していたことを覚えているが、この戦局で許可が下りるとは思っておらず、全く準備をしていなかったのだ。おかげで馬がつぶれるほど街道を走る羽目になっている。
 最初にラスティの所へ向かったが、奴の隊は移動した後だった。
「ヘリオポリスじゃな・・・」
 ロドニアともう何ヶ月もにらみ合いを続けている砦では、戻るに戻れないだろう。久しぶりにあった後輩でもある戦友は、幼さが抜けた騎士となっていた。戦場での独特の雰囲気が強く纏わりついていて、今、アスランに逢わせられないとも思った。
 恐らく、前伯爵から色々といい含められて王都に行ったに違いない。
 自身の目で見聞き、考える前に、厳しい現実を突きつけることはない。
「俺としたことが・・・」
 あの甘ちゃんに随分期待過剰じゃないか? だが、仕方がない、動き出してしまったのだから。これから、国政にかかわるようになるだろう、内外の事情を把握して指示を出すようになるだろう。
 彼の命一つが自身の命運を大きく左右するようになる。
 自分はそれを望んでいたし、この国の未来を託したいと思っている。
 けれど、そんな時が来なければと思っていたのも事実で、いつもみたいにただ集まってわいわい騒げればそれでいいじゃないかとも思っていたのだが。
 流石に2年連続でラスティが顔を出せないのは痛い。
「となれば、ハイネの奴だけでも」
 ヘトヘトになってたどり着いた町で再会したハイネは、王都からの書状を手にミゲルを待っていた。
「遅かったな」
「これでも急いだんだ」
「ラスティは・・・無理か」
 ハイネも国境線の事情を良く知る一人だから、言わずもがなと言う奴だ。奴の気配はいい具合に中和されていて、王都の通りを歩いていてもおかしくないだろう。
「じゃ、行くか」




即席なので即席なできなのですが、でもお祝いしたい気持ちはあるのですよ。序盤は日記でのお試しほぼそのままです。イザークの部分は全く別物になっちゃったんですが。