※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi

 その年、学校では自分のトナカイに名前を付けるのが流行っていた。初代の8頭立てのトナカイには皆名前が付けられていたと言うし、厩舎の同じ顔をしたトナカイ達も名前を付ければ可愛く見えるものだ。

 クリスマスも押し迫った12月の中頃。
 アカデミーでは今年のプレゼント配布のスケジュールが発表されて騒然となっていた。世界中にクリスマスのプレゼントを配るのはたった一人のサンタではない。サンタの学校にいるサンタ達が手分けをして一晩で配り終えるのである。アカデミーと呼ばれるサンタの学校にはサンタの国、ノースポールの国民全員が通っている。いや、暮らしていると言っても過言ではない。彼らはこの日のために生まれ、この日のためにリサーチを行ってプレゼントを用意する。トナカイを飼育するのも彼らの仕事だし、世界中の言葉を覚えるのも仕事の内。そして最大のイベントが2人1組のプレゼント配布である。

「校長先生も何を考えているんでしょう」
張り紙をみてサンタの学校の生徒達が指を指す。一番上に書かれたペアを見て口を開く。
「拠りによってあの2人を組ませるとはね」
「あいつらの受け持ちってどこの地区?」
「ひゅ~・・・一番の激戦区」
 人口が多ければ手際よく片付けないと一晩で終わらない地区もある。その為のエリアわけなのだが、経済状態や政治状態、全てを鑑みて行われるエリア分けはなかなか簡単にはいかないもので。毎年、その地区担当になったサンタは翌日にまさにご愁傷様といった有様となる。
「あーあ、可哀相に。嵐だな。ブリザードだぜ、きっと」
 イブの夜。夜空が晴れるのも荒れるのもサンタの気分次第。月明かりの穏やかな夜も、しんしんと凍える夜も、そのエリアを担当するサンタ達の心次第なのだ。その心持一つで決まる24日の天候が嵐になると口々に噂する。

「貴様! 俺に足をひっぱったら承知しないぞ」
「俺のイージスの足を引っ張るのはお前のデュエルだろ」

 そして、張り紙の前で睨み合う2人。このサンタの学校で知らぬものはいないという2人は、学校の主席と次席だった。




こんな感じでどうかな。


カテゴリ: [ネタの種] - &trackback- 2006年12月17日 20:40:26

#blognavi