※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 大会社になると何が大変って、書類の作成と手続きが大変と偉そうに書いたわけだけど。じゃあ、一体何がちがうのさ? と管理人も実は分かっていません。上司の受け売りなわけです。これではイッカーンとネット(←この辺が駄目な所)で調べています。現在進行中。

 まずもって、標準形。会社法で定める計算書類。全ての株式会社は作らないといけない。

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 株主資本等変動計算書(←利益処分案から変更)
  • 個別注記表(←BS、PLの注記表から格上げ)

ここまでが必須で、以下の二つはどっちでも。

  • 事業報告(←営業報告書から名称変更)
  • 付属明細書

 勿論作ったら終わりではなく、だれ某に見てもらってOKを貰わないといけません。

  • 上記の書類を取締役が作成して監査役に提出(まあ、実際は取締役が作るなんてことはなく、下っ端が一生懸命作るわけですが)
  • 監査役が計算書類を監査して監査報告書を取締役に提出
  • 代表取締役が定時株主総会に提出して決算の承認を得る

 こんな流れ。多分。これが大会社になってしまうと・・・(連結対象がないとしても)




カテゴリ: [スタック] - &trackback- 2007年05月29日 21:57:47

#blognavi