※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 万博行って来ました。
 朝も早くから西ゲート近くの民間駐車場に停めて、開場待ち。5時半くらいまで会場内にいて、行ったパビリオンが6つとは。日本館、インド館、イエメン館、三菱未来館、フィリピン館、三井東芝館。すごく混んでました。それでも人出は少ない方だと言うのだから驚き。
 ちなみに管理人は三井東芝館の映画ではレシーバーの役でした。よく分からなかったけど、自分の顔がCGでモデリングされて出てきてもパッと見分からない。なんとなく、おっ、これか?と言う感じで。せっかく、映像として取り込んだのだから、最後に出るときに、映画のプログラムみたいにして配ればいいのに。一枚の紙をペタっと折っただけのものでもいいから、欲しい人だけにでも、CASTの所に同じブースの人たちが載っているの。
 内容は、シド・ミードの一言に尽きます。ネタ満載です。これで1本お話が書けるくらい。
 40台のサーバはPEN4の東芝製のタワー型サーバでした。今の機種じゃないっぽいです。なんだよ、XEONじゃないのかよ、と。
 次は声も取り込んで、しゃべられてくれ(笑)


 万博ももう終りなのでここで、管理人的万博トップ5をば。

 1位 長久手日本館(何つっても360度コックピッドですから!)
 2位 サウジアラビア館(なんかよかった。カタール館と迷うところ)
 3位 ドイツ館(あの狭い建物の中にジェットコースターを作るという心意気や良し)
 4位 三井東芝館(シド・ミードだから。4体合体に意表をつかれた)
 5位 ロシア館(これぞ万博って感じで。原発の模型がレトロで泣ける)

 ワーストの方はまあ、押して計るべしですがアレです。アメリカ館は行ってないので含まれません。結局、大地の塔、トヨタ館や韓国館、NEDOや赤十字館にも行かなかったな~。企業館も半分位しか行かなかったし。そもそも瀬戸会場行ってないし。
 外国館は物産展と化している所も多くて、何より来場者の殆どが地元民、日本人で残念というか、万国博というのはこういうものだったのかと少し疑問です。愛・地球博のテーマが「自然と叡智」でしたっけ? まともにこのテーマに取り組んだのって本当に少なかったように思います。まあ、なんとでも取れるテーマですし、相反するようなテーマですしやりにくかったのかな、と。


カテゴリ: [つれづれ] - &trackback- 2005年09月23日 08:37:20

#blognavi