※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog





にんにくを大量にとると、においのもとである
アリシンの刺激で胃壁が傷んで出血したり、
赤血球が溶けて貧血を招く恐れが。
生なら1日1かけまで。
加熱したり、漬け込んだりしたものなら、2~3かけ
までが目安。

イオウ化合物は切ってから15分以上おくと、
酵素が働いて有効成分に変化します。
加熱する料理でも、切ってすぐに使わないで
少しおいてから調理するといいでしょう。
お水にさらすと成分が溶け出してしまうので
避けましょう。


たまねぎの血糖値を下げる成分は熱には強い
のですが、水溶性なので、水にさらさずに使って。
酢に漬けると刺激が和らぎますが、有効成分は
溶け出すので、漬け汁も残さず利用して。