※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#weblog
最終段階。

体のダメージもひどくなり、そのまま放って
おくと、死亡する。



これら、5段階のうち、3段階までは、ビタミンの
潜在的 欠乏と呼ぶべきもので、
今まで問題にされなかった状態です。

第3段階で症状が出はじめますが、病院にいっても
通常の検査では、どこも悪いところは見つからない
のですから、
きのせいとか、精神的な問題にされてしまい、
ビタミン不足を疑うということは、まずありません。

たとえ医師がビタミンの不足を疑ったとしても、
ただ単にビタミンの血中濃度を測定しただけでは
あまり意味がありません。

ビタミンは、適切な場所で適切に働いているかどう
かが重要なので、血液中にどのくらいあるかという
数値にあまり意味はないのです。