オトメディウス @ ウィキ オトメの世界

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


世界観

「オトメディウス」の時代とは

「オトメディウス」で描かれているのは、ちょうど我々の現代(21世紀初頭)に当たります。そして従来のグラディウスシリーズで描かれたバクテリアンとの戦いは遠い過去のものになっています。ちょうど数千年前の過去の出来事なのです。伝説の超時空戦闘機ビックバイパーの活躍も当然数千年前の出来事となっており、まさに「伝説から神話へ」といった状況です(初代ビックバイパーの建造技術はロストテクノロジーになっています)。
そうして強力な敵バクテリアンとの戦闘は未だ続いているどころか、惑星間の戦闘という規模を超えて全宇宙領域での戦闘に拡大しています。その原因としては、平行宇宙(マルチバース)をつなげるテクノロジーの発見などが関係していると思われます。

キャラクタープロフィール

空羽亜乃亜

人類の住む惑星にさまざまな改変を加えようと侵攻してくる謎の敵バクテリアンから世界を守る秘密時空組織「G」。
その組織「G」に自身の秘められた力を見出され、新たに「天使」となった高校2年生。
現在は「G」の地球での活動拠点のひとつ、聖グラディウス学園に在籍し、高校生と天使の二重生活を行なっている。

「天使」とは、RV(ライディングバイパー)を駆使し強敵バクテリアンと戦うことの出来る人間のこと。
しかしこれまで「戦闘」などと言う言葉はゲームの中でしか使ったことない亜乃亜にとって、天使としてのミッション
(戦闘)はまさに苦労とピンチの連続、エリュー達チームメイトにサポートされながら、なんとか頑張っているのである。
そんな状況だから、ついへこたれそうになることもあるが、その度に「この世界を護りたい」という、最初に天使の力に
目覚めた時の気持ちがなぜかよみがえってきて、彼女にもう一度パワーを与えてくれるのである。
そうして、最高にプラトニックパワー(天使のもつ特殊パワー)を発揮した時の亜乃亜はとてつもなく強い。
「G」地球支部長である聖グラディウス学園長も特に注目する、期待のルーキーが彼女なのだ。

第一階級 熾天使
Seraphim
多くの戦いを経験し天使階級を上げていくうちに亜乃亜にある変化が…
第二階級 智天使
Cherubim
家族は両親と中学生の弟が一人。
弟は姉と違って勉学にすぐれたしっかり系。
第三階級 座天使
Thrones
初対面の人に苗字をちゃんと読んでもらったためしがない。
第四階級 主天使
Dominions
得意じゃないけど、現在、語学に興味あり。
エリューを誘って慣れない外国語を猛勉強中!
第五階級 力天使
Virtues
男のくせにRVを操るエモンのことを非常にうさんくさく思っている。
第六階級 能天使
Powers
エリュー・トロンとは学生寮のルームメイト同士。
戦闘以外でも仲良し。
第七階級 権天使
Principalities
まだ戦いになれていないせいで失敗もするが、
その潜在能力には計り知れないものがある。
第八階級 大天使
Archangels
彼女のRV「ビックバイパー」は伝説の超時空戦闘機と同名。
第九階級 天使
Angels
聖グラディウス学園高等部2年
「地球」出身
元気が取り柄の駆け出しオトメ。

エリュー・トロン

亜乃亜達と共に我々の地球を守ってくれている
「天使」エリュー・トロンだが、実は彼女はこの地球の人間ではない。
エリュー・トロンは、この地球によく似ているが遠く離れた時空にある
「惑星グラディウス」から、この世界にやってきた。
我々の宇宙と平行に存在する無数の宇宙、総称して
「メガバース」とも「マルチバース」とも呼ばれるそれら宇宙群の
ひとつに存在する地球そっくりの惑星が「グラディウス」である。
エリューはそのグラディウスにおいて、組織「G」で働く兄とともに暮らしていたが、3年前にその兄が、バクテリアンとの
時空戦闘中に行方不明になってしまった。そのことを知ったエリューは、みずから組織「G」の天使候補に志願した。
もちろん、たった一人の肉親である兄の足取りを追うためである。そうしてこの地球にやってきたのである。

エリューの天使としての実力は、駆け出し天使である亜乃亜を遥かに凌ぐものだ。
数々の戦闘経験もあってか、ミッション(任務)達成率は天使達の中でもずば抜けている。
たが、極まれにではあるが、戦闘中にコンセントレーションが乱れることがあり、そのことを彼女自身、非常に恐れている。
地球の日常ではエリューは聖グラディウス学園の生徒として暮らす。
寮生活を送っており、ルームメイトは亜乃亜。勉学はトップクラスだが、地球人とは若干感性がずれているため、
クラスメートの多くからは、ちょっと変わった子と思われている節があるようだ。

第一階級 熾天使
Seraphim
「こうして戦っていればいつかきっと会えるよね…」
第二階級 智天使
Cherubim
彼女には戦場で行方不明になった肉親がおり、今もその行方を追っている。
第三階級 座天使
Thrones
最近、亜乃亜に誘われ語学を始めてみたが、一気に上達、亜乃亜を絶望のふちに追い込んだ。
第四階級 主天使
Dominions
彼女の故郷、惑星グラディウスはバクテリアンと戦う組織「G」の盟主的存在である。
第五階級 力天使
Virtues
学生としてのエリューはクラスではそれほど目立たない。
ただし、成績はトップクラスだ。
第六階級 能天使
Powers
彼女の通う聖グラディウス学園とは実は組織「G」の、地球におけるオトメ養成機関である。
第七階級 権天使
Principalities
亜乃亜達にくらべると戦闘経験豊富でミスが少ない。
そして常に積極的に戦場に赴く。
第八階級 大天使
Archangels
平行世界の出身だが今は平行宇宙の秩序を守る組織「G」の「地球」支部に在籍。
第九階級 天使
Angels
聖グラディウス学園高等部2年
平行世界「惑星グラディウス」出身
高い戦闘スキルを持つ。

エモン・5

亜乃亜やトロンといったオトメ達に混じって”男だてら”にRVを乗りこなす
エモン・5(ファイブ)は、『エビスボシ』という惑星からこの地球にやってきた。
その『エビスボシ』というのは、遥かかなたの平行宇宙に存在し、我々の地球と大きさも環境
も住んでいる人類さえも全く同じなのだが、歴史の流れだけがすこしだけ違っているという世界なのである。
その違っている点というのは、我々の過去にも存在した「江戸幕府」が現在も制度等を変えながらも存続しているということだ
そんな世界で仲間と義賊を気取っていたエモンだが、あるとき世界を守る時空組織「G」の戦いを目撃、
その活躍に感激したエモンは自分もひとつ「天使」とやらになってやるかと故郷を後にこの地球にやってきたのである。

エモン・5は、戦闘においては、誰よりも前に出て行くことを華と思っている節があり、まわりの天使(特に亜乃亜)とは
作戦やチームワーク等で衝突することもある。たが、エモンの戦いぶりとは、単に派手さを求めるということではなく、
戦場では決して仲間を見捨てず、最後まで戦い抜くという男の矜持を併せ持っており、その点においては、
他のメンバーも彼に対する信頼は高い。ちなみにバクテリアンとの戦闘に欠かせない超兵器RVの起動には特殊能力である
プラトニックパワーが必要と考えられている。だがプラトニックパワーとは女性に顕著なパワーであり男性ではその能力が
数段劣るとされておりなぜ彼だけがオトメ達にまじってRVを自在に扱えるのかは謎とされている。

第一階級 熾天使
Seraphim
「なんで男なのにRVに乗れるかって?? そりゃ、俺様だからだよ!」
第二階級 智天使
Cherubim
江戸府でのある出来事が彼のオトメ能力発動に関係している。
本人は、そのことを知らないようだ。
第三階級 座天使
Thrones
「地球」で勝手気ままに暮らす彼だが、故郷に残した弟分達のことがちょっぴり気がかりだ。
第四階級 主天使
Dominions
好きな食べ物はおにぎり。
あと、高い場所に登ってキセルを吸うことと熱い風呂も大好きだ。
第五階級 力天使
Virtues
彼の乗るクセルバイパーは、前方攻撃に優れた突撃型。
「これぞ漢のバイパー」らしい。
第六階級 能天使
Powers
戦場で無茶をすることもあるが、仲間を見捨てたりすることは絶対にしない。
第七階級 権天使
Principalities
派手な立ち回りが大好きで戦場では仲間よりも前に出ることを良しとする傾向あり。
第八階級 大天使
Archangels
元は「エビスボシ」の北半球にある江戸府という列島で義賊団を率いていた。
第九階級 天使
Angels
聖グラディウス学園高等部2年
平行世界「エビスボシ」出身
なぜかRVに乗れる漢オトメ。

マドカ

カワイイ顔してメカ(機械)のことならなんでもおまかせ!の
14才天才技術系少女。人類と意思をもったメカである
Bee(ビー)が共存する世界、惑星メルからこの地球にやってきた。

とにかくメカ全般に強く、秘密時空組織「G」の超兵器であるRVすら
マドカの手にかかれば原型をとどめないほどに改良されてしまう。
そもそも何かのメカがマドカの目の前にあると、彼女にはそのメカの「本来成るべき姿」がありありと見え、
もうなんとしても改良せずにはいられなくなるらしい。また古代の断片的な記録から、メルの伝説に登場する3体のBee、
ツインビー、ウインビー、グインビーを復元することにも成功している。

故郷の惑星メルにおいてマドカは、そのキュートさ、伝説のBeeを復元するなどの数々の天才ぶりで、かなりの有名人というか
国民的(星民的?)アイドルといった扱いを受けている。マドカのまわりには、いつも取材用のテレBeeが飛び回り、
その言動は、常に記録され報道される。

かっては伝説の女王によって平和を謳歌していた惑星メルだが、度重なる侵略で、女王の神秘的な加護は失われ、
一度は完全に荒廃してしまった。それから数百年、現在は、人間とBeeの努力で元の美しい世界に戻りつつあるが、
唯一取り戻せていないものが人々を導く女王の存在である。マドカは、常に新たな女王の誕生を望み続けてきた
メルに住むすべての人とBeeにとって、最も新しい希望の星なのである。

でもこんな状況はマドカにとっては大迷惑。誰にも気兼ねなくメカの研究や、もうひとつの趣味であるお菓子作りに
熱中したいし、他にもやりたいことはいっぱいあるのに! だから、彼女の前に秘密時空組織Gが現われ、
組織への参加を打診してきたとき、マドカは周囲の猛反対を振り切り即承諾、お気に入りのリュックひとつと
お供のツインビーたちと共に、一番面白そうな任地、地球に旅立ったのである。

第一階級 熾天使
Seraphim
メカの勉強にお菓子作り、そしてバクテリアンと戦ったりで時間が全然足りないのが悩み。
第二階級 智天使
Cherubim
メルの古代記録に登場する少女「マドカ」。
自分と同じ名前をもつこの少女のことが何故か気になる。
第三階級 座天使
Thrones
最近は、紅茶にも凝っていて、学園近くの喫茶店「ファンタジアン」が今一番のお気に入りだ。
第四階級 主天使
Dominions
彼女の故郷惑星メルは過去には大きな侵略を受けたりもしたが今は大変平和な世界である。
第五階級 力天使
Virtues
お菓子作りもマドカの好きなことのひとつ。
ただし、その出来具合にはあたりハズレがあるらしい。
第六階級 能天使
Powers
年齢は14歳だが、学園に入学以来、1ヶ月ごとに2回飛び級を繰り返して高校生になった。
第七階級 権天使
Principalities
彼女のRVは特殊な装備が満載。
それらはすべてマドカ自身の手によるものだ。
第八階級 大天使
Archangels
かわいい顔して相当なメカマニア。
惑星メルの古代の記録を元に、ツインビーたちを復元した。
第九階級 天使
Angels
聖グラディウス学園高等部1年
平行世界「惑星メル」からやって来たキュートな天才少女。

ジオール・トゥイー

聖グラディウス学園に通っている高校三年生。亜乃亜やトロンの一年先輩で学園執行部所属。
成績優秀、スポーツ万能である故、特例的に複数の部活動の主将を兼任している。普通ならばうとまれかねない
完璧性を持つ彼女だが、その笑顔には科学では解明不可能な程の『癒し』効果を持つといわれている。
秘密時空組織Gにおいては、天使のユニット(チーム)を率いるリーダーであり、亜乃亜達は彼女のユニットに所属している。
彼女の率いるユニットは、ミッション達成率が上昇する事で評価が高く、各天使の特性を把握し、
優しくもしっかりチームを取りまとめてくれるジオールは亜乃亜やトロンにとって理想のリーダー、憧れの存在だ。

普段は比較的冷静なリーダーである彼女だが、実際の戦闘に入るとそのキャラクターは豹変する。
ジオールのRV、セレニティバイパーは、亜乃亜達の標準型と異なり、数多くの特殊装備を操る対艦強襲型だ。
彼女のプラトニックパワーによって発現する、敵を貫く巨大な爪を繰り出すドラマチックバーストは、
秘密時空組織Gの研究班においても想定外とされている。この圧倒的な攻撃力でジオールは敵陣深く飛び込み、
あえて強敵にのみ狙いを定め、激しく追い詰め、ついには撃破する。これこそが彼女にとって最高の時=ファイネストアワーだ。
そんなゾクゾクするような「出会い」を求め、バクテリアンの潜む時空の深淵に今日も出撃する!
もしかすると好成績の最大要因はジオール自身の戦闘に対するモチベーションにあるのかもしれない。

そして戦闘中に決まって彼女の脳裏に現れる不思議なビジョン…純白の衣装をまとい祈りをささげる青い髪の乙女や、
暗黒の魔王に囚われたその女性を救うため光と共に降り立つ勇者の姿。これらの幻影が自分にとって何を意味するのかを
ジオール自身は完全には理解できないでいる。

ちなみにエキゾチックな名前と容姿をもつジオールだが日本生まれの東京育ち。伝統文化を深く愛し、
その造詣は(亜乃亜などよりはよほど)深い。癒しの愛と破壊の爪、この二面性こそが彼女の魅力なのである。

第一階級 熾天使
Seraphim
自分に流れるイースクウェアの血。その時空を超えた絆の意味を知ったとき彼女の戦いは、より力強いものに進化した。
第二階級 智天使
Cherubim
パワーを発揮する際に彼女の前に現れる様々なビジョン。イースクウェアという、繁栄を極めた惑星の情景らしい。
第三階級 座天使
Thrones
RVに乗ると胸が重くて他のメンバーに比べて前傾姿勢になりがちなのが、ひそかな悩み。
第四階級 主天使
Dominions
南極での戦闘で映し出される人物の映像を見るたび、何かが脳裏をよぎり、不思議と懐かしい気持ちが湧き上がる。
第五階級 力天使
Virtues
人気グループXEXEXのボーカリスト、クラウス・パッヘルベルの大ファン。
もちろんファンクラブにも入っている。
第六階級 能天使
Powers
日本伝統文化をこよなく愛しそれらに対する造詣は相当なものである。
第七階級 権天使
Principalities
普段はいたって常識的な彼女だが戦闘に突入すると大幅にテンションアップ。
アグレッシブな戦いぶりを見せる。
第八階級 大天使
Archangels
彼女は、亜乃亜達にとって、学園においては憧れの先輩であり、戦闘においては自分達のチームのリーダーである。
第九階級 天使
Angels
聖グラディウス学園高等部3年。
指揮能力を強化した強襲型RVセレニティバイパーを操る。

ティタ・ニューム

秘密時空組織Gにおいて、亜乃亜達と同じユニットに配属された新メンバー。聖グラディウス学園の高等部1年で、
学園長の娘と噂されている。普段のティタは、どちらかといえば無口。
口を開けば、不可解な言動で周りを翻弄してみたりもする(その場合、リアクションの愉快さからエモンが狙われがち)。
また敵であるバクテリアン軍に関する情報に妙に詳しかったりと、どこか謎めく女の子だ。

しかし、そんなティタだがこと戦場においては、危険なミッションにも憶さず(むしろ超然と)出撃し、
なおかつ高い戦績を挙げることの出来るおそるべき天使と化す。バクテリアンとの戦闘が日々熾烈さを増すこの戦局において、
新たに加わったティタは、亜乃亜達のユニットにとって非常に頼もしい存在といえるだろう。

期待の新メンバー、ティタ・ニュームをめぐる謎には相当深いものもあるようだ。
彼女のRV,ビッグコアエグザミナはその開発工程に関する詳細のいっさいが不明なのである。
バクテリアン兵器をイメージさせる名称、機体形状、RVと搭乗者とが直接コネクトを行うシステムの搭載など、
規格外の点が多い。しかし兵装搭載能力が他のRVに比べ格段に高いうえ、D-バーストによる広範囲へのレーザー爆撃は、
対バクテリアンとしてではない別の「何か」を想定したかのような異質な攻撃能力を持つなど、他のRVなどとは明らかに
”違う”印象をあたえる規格外兵器なのである。(亜乃亜などはこのことをあまり気にも留めない様子だが、
バクテリアンとの長い戦いの歴史をもつ惑星グラディウス出身のトロンは、違和感をぬぐいきれないでいる)。

学園では理数研究部に一応所属。趣味は生き物を飼うことで、寮の自室にさまざまな生き物を持ち込むが、
その外見や由来にはまるでこだわりがない様子である。なかにはペットと呼ぶのをためらうような物体も混じっている
(亜乃亜ドン引きの「カサカサ音が出る系」も数多く在籍しているという噂だ!)。
なにより好きなことは食べること。マドカの周りをつきまとう姿が良く目撃されるが、もちろん目的は新作お菓子の試食。
マドカの事をお菓子の製造プラントのように思い慕っているのだ。

第一階級 熾天使
Seraphim
彼女の本来の目的は「破壊」。
しかし、この現在の地球のことが気に入った彼女にその意思はもはや無い。
第二階級 智天使
Cherubim
彼女の故郷は?と聞かれると「地球」と答える。
どうもこの現在の地球ではない別の場所を指すらしい。
第三階級 座天使
Thrones
アノアに弟がいることを非常にうらやましく思っており、自分もあんな生き物が飼いたいと考えている。
第四階級 主天使
Dominions
マドカのことを自分にお菓子を作ってくれるのと互いにペット好きである点などから非常に気にいっている。
第五階級 力天使
Virtues
生き物全般が大好きらしく へんな動物を自宅に沢山飼っていたりする
第六階級 能天使
Powers
驚くほどの大食漢。
いくらでも食べることができる。
ただし辛いモノはちょっと苦手だ。
第七階級 権天使
Principalities
敵であるバクテリアンに関する知識は仲間達のそれを大幅に上回り、別の情報源を持つかのようだ。
第八階級 大天使
Archangels
彼女のRV、ビッグコアエグザミナは他のRVと系統を異にする試作型で謎の機構を多く持っている。
第九階級 天使
Angels
聖グラディウス学園高等部1年。
学園長の娘。やや無口。不思議な言動で周りを翻弄する。

オペレッタ

亜乃亜達が所属する秘密時空組織「G」において、ミッション管理を行なうオペレーションシステム。
天使に対する出撃要請のほか、目標への誘導など戦闘に必要な各種情報を伝える役目も持っている。
膨大な処理能力により、各地で戦う無数の天使達に同時に個別の戦闘情報を伝えることが可能だ。

用語解説

マルチバース

宇宙に関する最近の研究では、我々が住む宇宙は無限の広さをもっており、我々の観測の限界(事象の地平線)を超えた先にも、さまざまな可能性に満ちた宇宙が果てしなく広がっている、とされています。そうして、それらのことを”我々の宇宙とは平行に存在する宇宙”という意味で「平行宇宙」とか「マルチバース」「メガバース」などと呼ぶのです。それらの宇宙の中には、我々の住む宇宙と全く同じ条件で生まれた宇宙も無数に含まれます。当然それらの中には我々と全く同じ人類が住む星があったり、さらには全く同じ歴史を経てきた惑星が存在していたりもします。

秘密時空組織「G」

マルチバースの連結により、平行宇宙に住む人類は互いの存在を認知しました。そうして惑星グラディウスを盟主に一致団結、現在、全宇宙に一大勢力を形成しています。その安全保障を担当しているのが秘密時空組織Gと呼ばれるシステムです。「G」は単にバクテリアンから人類を守る戦闘集団ということでなく、いまだ彼らと接触せざる人類の住む世界をも含めて各人類の成長を見守り、それを妨げる要素を排除する「人類の守護者」ともいえる存在です。

ライディングバイパー RV

人類を守る「G」の主力兵器がRV(ライディングバイパー)です。初代超時空戦闘機ビックバイパーからつらなる全環境戦闘兵器の最新の姿といえますが、一部技術としては失われている部分もあるといわれています。もちろん初代より進化している部分のほうが圧倒的に多く小型化は極限まで進んでいます。またRVにだけ備わっている機能としてバーストをはじめとするプラトニックパワーを利用する装備があります。

プラトニックパワー

亜乃亜やエリューたち天使が戦闘時にライディングバイパー(RV)を操縦したり、RVの超兵装である「バースト」をコントロールするのに必要なスキル値の事をいいます。特に「バースト」は、通常では確率的に生じえない現象を強制的に発生させる(奇跡を起こす)ことが可能であり、変幻自在の強敵バクテリアンと渡り合う際の切り札です。ですからこのスキルが高い天使ほどより戦場で活躍できると言えるでしょう。またこのパワーに関しては思春期前後の女性が高い発揮数値をほこるとされていますが、そのプロセスは完全には解明されておらず未だ謎とされている部分も多いのです。

用語解説(非公式)

ライディングコア RC

人類を守る「G」の主力兵器・ライディングバイパー(RV)に対抗してか、バクテリアン軍にもまたライディングコア(RC)と呼ばれる戦闘兵器の存在が確認されています。
ビッグコア級機動兵器が素体と思われるため、ライディングバイパーと同等のサイズとはいきませんが、それでも都市内部での戦闘が可能なレベルにまで小型化されています。
現在確認されているものとして、ゴーファー姉妹の駆る専用RC、フギンとムニンが存在します。撃破した機体の検証から、
ライディングバイパーのような搭乗型ではなく、遠隔操作機であることは判明していますが、その他の情報はまだ明らかになっていないのが現状です。

なお、本用語の初出は吉崎観音氏のサイトにおけるL.B.ゴーファー専用フギンのカラーイラスト。
(その後、公式設定ではLBG専用機ムニン、RBG専用機フギンと発表されました)
名前は北欧神話に登場する2羽の渡り鴉、フギン(思考)、ムニン(記憶)からだと思われる。

テトラン

4つの腕が特徴。その個性的な姿からか、L.B.ゴーファーの大のお気に入り。
性格はわりと一歩引くタイプであまり自己主張しないが、キレると怖い。
主に「大破した中ボス」の回収作業役を務めている。
『RC(ライディング・コア)』は大昔に多種生産された巨大戦艦のレプリカなのです。

吉崎観音氏イラストより