※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レトロな感じの駅を改造して作られたカフェとレストラン。夜に食事をすれば、最低でも1人50eurosはする。高級とはいいませんが、決して庶民的ではない、しかし、「16区の住民にすればカジュアル」という位置付けのレストランだと思いました。

かつて駅だったところを改装し、エントランスとテラスはバーに、ホームと線路
部分はレストランになっており、そしてバーの下には「クラブ」(踊る店の方)
もあります。

料理は、わりとオーソドックスなメニューが中心。
ステーキ、フォアグラのソテー、鯛のポワレ、アスパラガスの半熟卵添え、、、
みたいな。クリエイティブ系の摩訶不思議な料理よりは、わかりやすくていいで
す。
 
わたしが選んだのは「トマトのカニ肉ファルシ」「シャロレー牛のステーキ」「
アイスクリーム・トリプル」。
 
どってことのないメニューですが、良い材料を使っていて、味付けが控えめ。
しょっぱいことの多い「本場の味」ですが、この店は大丈夫でした。
 
ごくごくオーソドックスな料理を、ていねいに作っている点に好感が持てました。
ただ、やはりボリュームが多いので、ほんとはもっと凝ったデザートを試したか
ったのですが挫折しました。 ちなみに
Menuは、お昼のセットが29ユーロでした。

5.8点

  

更新履歴

取得中です。
 


更新履歴

取得中です。