※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(2005/10/11更新)

毎年最下位に沈んでいた暗黒期は脱し、ここ3年は4→5→4位。
主力は晩年を迎えているだけに、ここらでAクラスを目指したいところ。


(第59回短評)
打撃陣の好調もあり、前半は3位横須賀にほとんど差がなく折り返し。
Aクラスも狙える位置にあったが、後半は地力の差が出て
結局上には大きく水を開けられた4位という結果に終わった。
中継ぎ陣の安定が急務か。

                  ___    ____
             ─=ニ二__   ̄ ̄ ̄
                      ̄ ̄ ̄"""'''──
__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-     
                      今年こそAクラス・・・
                         ノノハヽ   _,,-''"
                       _ ('|l川/^),-''";  ;, '
                      / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;, ''
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,  '
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'




期待の新戦力

投手
BOA(鈴木亜美)
新規登録選手
天才型投手。
150kmを超える直球とキレのある変化球で即戦力の期待。



通算成績:8850 試合  4121 勝  4537 敗  192 分  勝率 .475
リーグ優勝 9回 UFA杯優勝 5回

(第59回) 61勝 87敗 2分 勝率.412 順位:4位


チームメンバー紹介(データは第59回ペナント娘。のもの)
※( )内は製作者。テンプレは横須賀のチーム紹介から引用。

野手
(三)ゆりにゃ(senti)
(.284 12本塁打 49打点 12盗塁)
ミートに向上を見せ、昨季は1番を務めた。
来期は3割を目指したい

(遊)桃子H型(ももち)
(.268 10本塁打 59打点 15盗塁)
昨季はショートでわずか1失策と堅守を見せた。
課題の打撃も大きく向上した

(一)ふじもとっち(ふじもとっち)
(.272 29本塁打 71打点 0盗塁)
昨季通算600本塁打を達成した大打者もいよいよ現役ラストイヤー。
完全燃焼のシーズンにしたい

(左)美貴が打つよ(名無しミキティ)
(.319 36本塁打 97打点 3盗塁)
実力を遺憾なく発揮し、チーム唯一のベストナイン受賞となった。
チームを引っ張る天才バッター

(右)庫洛洛(quoll)
(.285 18本塁打 75打点 11盗塁)
昨季は勝負強い打撃でポイントゲッターに。
攻走守にバランスの取れた好選手

(DH)唯やん(バレー部)
(.250 12本塁打 67打点 0盗塁)
第58回の新人王は昨季も成長を見せた。
未来の主軸

(捕)藤本さん(藤本さん)
(.278 8本塁打 51打点 10盗塁)
現役最多の16度目のゴールデングラブを受賞。
バットでもしぶとさ見せる大ベテラン

(二)かめりん(恋ING)
(.261 13本塁打 60打点 10盗塁)
昨季は慣れないセカンドでやや苦労した。
打撃では繋ぎ役で活躍を見せた

(中)レナ(ゆう)
(.276 12本塁打 54打点 16盗塁)
昨季はその俊足を生かしチームトップの16盗塁。
打撃も大きく飛躍した

投手

くりんくりん(くりんくりん)
(防御率2.89 12勝12敗0S 118奪三振)
投手陣最年長のベテランだが安定感はさらに増す。
今季もローテの軸

J・ナイト(無冠)
(防御率4.78 7勝14敗0S 84奪三振)
本来の実力からすれば不本意なシーズン。
巻き返しを期す


後藤真希(ごま)
(防御率4.72 8勝11敗0S 106奪三振)
豪速球と七色のスライダーの持ち主。
もっと勝てるはず

小彩♪(Show)
(防御率2.84 13勝10敗0S 135奪三振)
昨季は13勝をあげてチームの勝ち頭。
被本塁打の少なさは特筆もの

LEON(ジャンレノ)
(防御率3.98 9勝14敗0S 92奪三振)
まだ若いがローテ入りして防御率3点台と健闘。
将来のエース候補

エース息子(モーニング息子)
(防御率6.38 3勝10敗1S 56奪三振)
2年目はやや伸び悩むシーズンとなった。
被本塁打を減らしたい

ガディオス(美澄)
(防御率5.77 6勝6敗3S 51奪三振)
エース息子と同じく壁にぶつかった昨季。
将来の期待は大きいが

BOA(鈴木亜美)
(今季入団)
天才型投手。
150kmを超える直球とキレのある変化球で即戦力の期待。

柴本(ムッシュ)
(防御率3.77 1勝2敗25S 19奪三振)
滝川の守護神としてすっかり定着した。
その制球力は球界随一