※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第65回 札幌メイデンズ

ムーンライト・リーグ4位

☆総評
リセット・・・orz

☆ストーブリーグ速報
昨期から先発に転向したdamepo1氏とのトレードで赤坂オソローズのピリリッ氏が入団。
ユー、沢村賞取っちゃいなよ

68勝77敗5分 勝率.468 連勝8
打率.260 本塁打144 盗塁51 失策54 得点率3.5 防御率3.52



野手成績

  • 浅倉大介:本塁打王、打点王、B9
  • Ca+:B9

守備 選手名 プレイヤー名 年数 打率 HR 打点 盗塁
エリリーナ カメック 4年目25歳 .263 2 25 19
がっきぃ 玲音 14年目35歳 .273 10 49 11
亀田 亀井君 17年目38歳 .295 26 73 1
浅倉大介 ブラッド 19年目40歳 .305 34 101 1
Ca+ 从*^▽^) 6年目27歳 .251 24 77 1
單手打安打 自然風格 19年目40歳 .217 21 75 4
キモヲタ萌え キモヲタ萌え 3年目24歳 .264 6 43 8
DH ゴッドウィング レ、スタ 2年目23歳 .238 15 43 2
樋口 リオン 1年目22歳 .232 6 35 4

投手成績

  • かぼ師匠:ノーヒットノーラン

選手名 プレイヤー名 年数 防御率 勝敗S 奪三振
ジョルジュ長岡 ワロタウロス 14年目35歳 3.55 9勝16敗 108
かぼ師匠 むぅん 18年目39歳 2.44 12勝10敗 116
シャビ アロンソ 5年目26歳 3.73 8勝9敗 121
ボム ぽむぽむ 14年目35歳 3.04 8勝9敗 115
damepo1 damepo 9年目30歳 3.77 6勝11敗 86
・ェ・)ノ~⑩ hide 3年目24歳 3.42 8勝4敗3S 72
紺野あさ美 川o・∀・) 5年目26歳 5.00 8勝7敗2S 65
とも ともくん 7年目30歳 3.75 8勝8敗3S 88
ハードゲイ tetsu 9年目26歳 4.03 1勝3敗26S 20


選手短評

エリリーナ
俊足巧打の才を秘める期待の若き1番打者。
安打数&出塁率向上が今後の活躍の鍵となる。
がっきぃ
ベテランの域に入り円熟味を増した確実なリードと安定したバッティング。
捕手ながら2番打者をこなすチームに欠かせない器用な女房役。
亀田
ここ数年3番に固定された巧打者。
彼がハイアベレージでつなぐことにより札幌打線の本領が発揮される。
浅倉大介
40歳到達もいまだ衰えを見せないチームの主砲。
さらに今年は本塁打王と打点王の2冠獲得!550本塁打で名球界入りを果たした。
Ca+
若くしてチームを引っ張るスラッガー。監督として堅実な采配もこなす。
彼なくして札幌の未来はない。打撃の才能開花もまだまだこれからだ。
單手打安打
大味なバッティングで観客を沸かせる長距離打者。
クリンナップ後の走者一掃を狙い今日もひたすら強振する。
キモヲタ萌え
現在は下位打線に甘んじているが巧打と足に磨きをかけ着々と上位打線を狙う。
エリリーナとの1,2番コンビが札幌の描く未来予想図となるか。
ゴッドウィング
2年目ながらその怪力は未来のクリンナップを確約させるに十分な実力。
浅倉大介、單手打安打の後継者として中心打者への成長に期待がかかる。
樋口
最近の札幌の弱点であった守備力を補いうる期待のルーキー。
1年目にして遊撃手を任され今年は苦心したがチームに欠かせない存在となることは間違いない。

ジョルジュ長岡
札幌不動のエースに成長した。沢村賞獲得歴もある札幌のムードメーカー。
今年はやや不調に泣いたがまだまだ10番の座は譲る訳にはいかない。
かぼ師匠
ジョルジュ長岡とともに札幌2本柱として君臨する安定度ナンバー1のベテラン投手。
今期は自身初のノーヒットノーランを達成し健在を印象付けた。
シャビ
快速球と鋭いHシンカーで三振の山を築く豪腕若手投手。
制球の安定がエースの座への必要条件となるか。
ボム
巧みな変化球で打者を惑わせる変幻自在のナックルボーラー。
今年はチーム2位の防御率を残しまだまだ若手には負けないことを証明した。
damepo1
成熟期に入りその実力は誰もが認める投手となった。
今年から先発転向のためか不本意な成績に終わったが次期エースの呼び声は高い。
・ェ・)ノ~⑩
若手ながらも安定度ナンバー1の中継ぎ投手。
中継ぎエースとなるか、先発転向を狙うかその動向が注目される。
紺野あさ美
今期は中継ぎを努めたがそのスタミナは先発でも十分通用する。
3種の変化球を操る技巧派投手としてチームの柱への成長が期待される。
とも
ノビのあるストレートと落差の大きいフォークに定評がある。
今期は高い奪三振率と低い被本塁打率でその評価を自ら裏付けた。
ハードゲイ
チーム1の剛速球で抑えを務める若手投手。
高卒入団から鍛え上げたその左腕はまだまだ成長を続ける。