※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第70回 横須賀ビユーデン


横須賀ビユーデン優勝!板橋残り9試合で散る
横須賀以外に唯一優勝の可能性を残していた板橋ダブルユーは今日未明、室蘭チェリーズと対戦しましたが0-2で敗れました。この瞬間横須賀ビユーデンのリーグ優勝が決定しました。

html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。


  試合は初回、板橋のエース小暴眼がなちらっきーに先頭打者ホームランを浴び先制を許してしまいます。更にリオチャンにも二塁打を打たれますがタカシャイを併殺に、瑞佳cを空振り三振に切って取りこの回を終えました。
  板橋は初回・2回・3回と得点圏に走者を進めながらも、特に3回は野手が3三振と振るわず1点も奪えない拙攻です。4回にはクリスティンVがダメ押しのソロを放ち2-0。板橋は5回にやっと三塁を踏みますが2番3番4番があえなく凡退。6回も下位打線にチャンスが回るなど打がちぐはぐでなかなか得点に結びつきません。
  9回も相手のストッパー松井大章に内野安打1本に抑えられ終戦。この瞬間横須賀ビユーデンの14年ぶりのリーグ優勝が決定しました。(小ペナムスポ)



UFA杯第1戦、継投ミスにつけこみ横須賀先勝
前回優勝から長い年月が過ぎていた。チーム内のほとんどの選手が初めて経験する舞台であり、一部の選手は先代が栄光を目指し戦った舞台であるUFA杯が開幕した。相手は王者赤坂オソローズ。
  先発はリーグ最多勝、千葉・メカミュンのエース対決となった第一戦。5回瞑庵2がタイムリーを放ち1点を先制。その後投手戦が続いたが9回、赤坂2番手なっちを横須賀打線がとらえ1点を加え尚も満塁の場面、主砲(^▽^/がライトスタンドにグランドスラムを叩き込み横須賀が初戦をものにした。
UFA杯第2戦、横須賀散発3安打 赤坂雪辱で1勝1敗
第2戦は聖帝ナカザーと最近話題の投手けんじが先発となった。試合は3回、豪打の3番キャッチャークララの2ランにより赤坂が先制。6回にも追加点を入れた赤坂がけんじの完封により1勝1敗の五分に戻した。
UFA杯第3戦、(^▽^/の決勝弾で横須賀再びリード
両者負けられない第3戦は第2戦以上の投手戦となる。両チーム0点のまま進んだ8回、疲れが見えたdamepo1に対し主砲(^▽^/が2ランを放つと、その2点を横須賀リリーフ陣が無失点に抑え、横須賀2勝1敗と一歩抜け出す。
UFA杯第4戦、横須賀、1イニング3投手KO劇の猛攻で王手
第4戦は後半好調だった幹久が先発となった。4回には3安打をあび満塁とされるも、後続を討ち取り無失点に抑える。一方打線は3回に2点を先制してむかえた6回、赤坂の投手陣を攻め立て一挙12点を挙げ試合を決定付ける。3勝1敗。
UFA杯第5戦、横須賀が16年ぶり3度目の日本一
悲願の日本一をかけた第5戦は3回、横須賀はさくらんぼ・(^▽^/の連続ホームランで2点を先制しさらに4回にも追加点を加える。しかし7回、意地を見せる赤坂の前に疲れが色濃い先発夜仮面は1点を取られ尚も1死満塁の大ピンチを迎える。
  しかしここでマウンドに上がるは横須賀の天才ルーキー・セイバー。そのセイバーは見事後続をフライに打ち取る。最終回は守護神チャ~ミ~がピンチを背負いつつも見事守り抜き、横須賀は16年ぶりの日本一を獲得することとなった。
  リーグ屈指の打力を誇った横須賀だが、5試合を4失点と守り抜いた投手陣の活躍が目立ったシリーズだった。また4番の(^▽^/は豪打の名に恥じぬ貴重な3本のホームランと7打点の大活躍だった。