※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チームメンバー紹介(データは第75回ペナント娘。終了時点)



( )内は製作者。


投手  

ナカザー(聖帝) 19年目40歳 引退
3.46 11勝7敗
無冠のエンペラー。全盛期の高いスタミナと制球力はやや陰りが見え始めているがそれでも安定して成績を残す。19年間で通算192勝をあげチームに貢献。


チャ~ミ~(ハロプロ仕込み) 13年目34歳
3.77 18勝9敗
すっかり先発が板についた元最強守護神。持ち前の速く重い球と多彩な変化球で相手打者を打ち取る。今期は援護を受けることが多く、チーム最多・リーグ2位となる18勝をあげ9もの貯金を作る。来期は最多勝と20勝を目指す。


和子(Lovely) 9年目30歳
3.79 17勝7敗
近年急成長を遂げ、チームの大きな戦力となる。今期あげた17勝はチャ~ミ~についでチーム2位。今年の被本塁打率1.14は今までに比べれば比較的少ない。ここもにもまた成長の後が見られるようだ。


編集長(ネガ梨華) 14年目35歳
2.79 14勝9敗
チームに2人しかいないサウスポーのうちの一人。チーム先発投手一の防御率を上げ安定感をアピール。UFA杯での好投も光ったシーズンだった。


夜仮面(深夜の紳士) 15年目36歳
2.84 14勝8敗
ナイターの華。緩やかながらも力のある速球とキレのあるパームボールで打たせてとる。防御率も2点台と安定感ある投球でチームの勝利に貢献する。


15歳・浅田(GP初V)2年目23歳
4.82 3勝4敗4S
チームに2人しかいない貴重な左腕の1人。スピンの利いたダイナミックなトルネード投法で見る者全てを魅了する横須賀期待の星。新人時から比べ安定感が増した。これからの成長を見守る。


カイジ(レオ党) 18年目35歳
2.78 10勝2敗4S
落差の大きいパームボールと重い速球が武器の投手。中継ぎでの二期連続二桁勝利は岩瀬を彷彿とさせる。衰えが激しく速球も140kmに満たないが見事な投球術で好成績を維持する。


幹久(三城) 14年目35歳
3.18 10勝1敗6S
持ち前の剛速球とストーンと落ちるフォークで三振を荒稼ぎするペナ娘。の松坂大輔。カイジとともに中継ぎで二桁勝利をあげる。2人で浅田の負担を減らすことでチームは優勝。如何なる起用法でもしっかりこなす。


セイバー(セイバー)6年目27歳
3.66 1勝3敗30S
サイドスローから繰り出されるチーム最速の快速球が魅力的な若手。今期は守護神をつとめエリースキーに1差の30Sをあげる。まだまだ若いのでこれからどこまで成績を伸ばすのかが楽しみ。


野手  


捕手 瞑庵2(akina) 16年目33歳 
.255 32本 110打点 0盗塁
長年の経験から学び取った捕手技術はリーグ屈指へ。投手陣を引っ張る横須賀の頭脳。バッティングでもMS打線を支えるなど攻守にわたりいろいろと仕事が多いベテラン。


一塁 さい(さい) 7年目28歳
.285 31本 114打点 2盗塁
チャンスに特別強いわけではないが得点圏での打率は高い。31本114打点は他所のチームならば即主砲の地位が与えられるほど。まだまだ若く成長も期待できるのが信じられないほどの、既に一流のスラッガー。


二塁 さくらんぼ(大塚愛) 12年目33歳
.297 24本 104打点 0盗塁
一発もあり上位も打てる守備職人。今期は本塁打こそ24本だが、圧倒的な得点圏打率でクリーンナップを打った。人数の多い同期の中でも本塁打に関しては最強のアベック砲をみきちぃとともに組む。


右翼 柴崎コウ(柴咲コウ) 18年目39歳
.255 19本 71打点 8盗塁
野球人生の最後を横須賀で終えることを宣言した名プレーヤー。攻撃に関しては衰えが酷く繋ぎに徹した結果となったが、守備では未だ衰えぬその強肩を武器に多大な貢献をする。


三塁 みきちぃ(みっきー) 12年目33歳
.341 40本 115打点 0盗塁
今年は当たり年。首位打者となる.341に40本の大台や115打点で見事野手MVPを獲得。最大のライバルであるさくらんぼと組む同期のアベック砲は横須賀のMS打線の中心。


左翼 美貴が関川だよ(ヒゲティ) 10年目31歳
.316 19本 54打点 19盗塁
三好エリーカとともに組む1・2番は攻撃だけでなく広い守備範囲を擁し鉄壁の左中間を組む。落としていた調子も元に戻りチーム最多の215安打を達成。来期も三好エリーカとのコンビがダイヤモンドを駆け巡る。


中堅 三好エリーカ(Eliica) 12年目33歳
.304 6本 52打点 32盗塁
大スランプを克服した横須賀の切り込み隊長。盗塁成功率も.653と高く、積極的に次の塁をねらう姿はチームのムードメーカー。ヒゲティとともに組む1・2番コンビ復活で横須賀は優勝!


遊撃  从^▽^从(華美) 4年目25歳
.241 8本 53打点 5盗塁
強打者ひしめく横須賀MS打線に咲く一輪の守備人。圧倒的な強肩と見事な守備でショートストップをつとめる。今は捕手としての勉強中だとか何とか。


DH 石神井公園(石神井公園) 10年目31歳
.303 39本 114打点 4盗塁
このままいくと名球界どころでは収まらない数年に一人の逸材。足も速く上位を任されることもあるなど攻撃のスペシャリスト。横須賀の先人と比べると比呂の763本は難しいが、(;´Д`)ハァハァの651本、瞑庵の649本、みきたんの619本越えを目指し毎年本塁打を量産する。


注目カード
横須賀vsHPAS
黄金期HPASに挑む横須賀MS打線!!!






小言
みきちぃとさくらんぼと石神井公園の3人はこのまま行けば間違いなく名球界入りである。さいも今後アクシデントがなければ十分名球界がねらえ、瞑庵2も衰え次第ではなんとか越えることができそう。同時期に名球界入りする選手が5人もいるとなると球史に残りそうだ。
しかしここで注目するべきは大砲だけではチームは成り立たない点だ。現在では足型として快足コンビ、守備型として華美がいるなど周りの選手が固めるからこそ大砲はのびのび打つ事ができる。
大砲の多さが目立つが、最低限の人数の足型・守備型の選手がしっかり仕事をしている点こそが横須賀の大砲揃いの打線の真の土台ではなかろうか。